2012年01月20日

Clarksのオールソール

20120119-20

20120112-13


クラークスのクレープソールの交換です、色違いの二足です。
摩耗と劣化で硬化し割れてきております。

まずは、ステッチを切り、底を外します。
製法はステッチダウン製法になりますので、こんな感じで抜け殻になります。

20120112-15


ステッチダウン製法でも二通りありまして(もっとあるかもしれませんが)、
今回の様な中底が無いタイプ、ミッドソールに直に縫い付けられている仕様と、
中底があり、ミッドソール、又は本底に縫い付けられているタイプ。

前者の場合は、オールソールの際には、足が直に乗っていた部分の底面が
そっくりと新しいものになりますので、履き込んで足底型に凹凸が沈み込んで
いても、まっさらなフラットな状態になってしまいます。

20120112-19


20120112-16


底面を元通りの形状で型採りしても、沈み込んでできた足裏の凹凸までは、
新たに付けるミッドソールには反映できません。

ですので、修理後は、足なりに再び沈み込みがつくまで多少、履き心地が
違ってくるかもしれません。

よく雑誌等でステッチダウン製法はあまり修理に向いていないと
記載がありますが、条件によると思います。

ステッチダウン製法ですと、カジュアルよりなデザインなので、
アッパーも裏革がない一枚革仕立てのモノが多いのですが、
その場合は、一枚仕立てなので、革の厚みが2.0mm〜ぐらいの肉厚な
しっかりとした革が使われていたりしますので、
必ずしもオールソールに向いていない訳ではありません。

ただ、中底があるタイプの方が良いとは思いますが。

20120114-4


ミッドソールを縫い付けましたら、クレープソールを積上げてゆきます。

20120114-2


一段目。
今回は、ヒール高が10mmついており、ソールの厚みが15mmですので、
5mmのソールをまず一枚積みます。

20120117-5


次に、ヒール分の10mmを踏みつけ部分から後ろに積みます。

20120118-13

20120118-19


そして最後に、10mmnソールを積みます。
これで、15mmソールで、ヒールが10mmの設定の底が出来上がります。

時々、メーカーによっては、3mm厚ぐらいのソールをこれでもかというほど
ミルクレープのような感じで積上げている靴があります。
謎です…大変なだけです。

20120118-14


クレープ素材を削る際は、吸塵機は使えません。
といってもクレープの削りかすは、飛散することはないのですが、
吸ってしまうと、ペトペトと吸塵ホースが詰まってしまうのです。

20120114-3


そして、削りたてのソールも、置き場所に気をつけないと、
そこら辺のゴミをよく吸着してしまうので要注意です。

他、一足は補修でお預かりのクレープソール。

20120113-6


クレープソールで補修した際に、どちらにするのか。
汚すのか、綺麗にするのか。

20120113-2


補修する際には、ベース部分も一緒に削り表面を整えるのですが、
削った部分は綺麗になってしまいます。
このままでは、浮いてしまっておりますので、わざと汚して馴染ませるか、
もしくは、一周表面の汚れを削りとるか。

今回は、他2足が綺麗になるので、この補修の靴だけ薄汚れているのも
なんなので、削り採ることに。

20120113-5


20120118


以上、クラークスのオールソールでした…。

なんだか、このハイカーは、自分で自分の足を突いているように見えますね。
しかも右手と右足が同時に出ていますし…、
だから突いてしまったのか…。













ampersandand at 01:05│ クレープソールからの