2017年06月15日

クラークスの修理専門店ではないのだけれど… その弐

「Although it is not a repair shop specializing in Clarks…」no.2

前回までのあらすじ

履き込んで中底が馴染んできますと、自分の足型に中底が沈み
凹凸がついてゆきます。
沈むということは、靴内部の容積が増えるという事なので
サイズが緩んでしまうと云う事にもなります。

それと同時に、本体の革も伸びていますので、
オールソールの頃にはゆったりめになっている場合が多いようです。
ですので、インソールを入れて履かれていたり、
羽が完全に閉じてしまっている靴も見受けられます。
0608-10
画像は革中底表面にバフ加工を行い、靴内部の湿気が吸湿され易いように
表面処理を行っております。

よく、革底から湿気が抜けると思われている方が多いようですが
実際は、中底が革の場合にはその部分へ吸湿されたり、
またはライニングが革の場合もその部分に吸湿されます。
もちろん、履き口からも放出されてゆきます。

靴は、一日履いたら休ませる事が必要と云われますが、
それはそのお休みの間に、それらに吸湿された湿気が
今度は排出されると云う訳です。
これが、革のすぐれた性質である吸排出効果というわけです。

この間もお客さんとそんな話しておりましたら、
「わたしも底から湿気が抜けるというのはおかしいなと思っていました」と。
であれば、「履いた後で靴底を触ると湿っていなければなりませんしね」と。
「確かに〜」ですね。
0608-21

ソール交換の際には、元の中底から型取りしまして
中底を革にて交換しますので、新品時のように中底面はフラットに戻ります。
またしばらく履き込んで頂ければ、足型の凹凸に癖がついてゆきますが
オリジナルのようなフェルト中底より素材強度があります。
0612-4
革中底を取り付け、底縫いを掛けましたら
それぞれご指定のソールを取り付けまして完成となります。
AFTER
0608-110608-15
DESERT TREK
#2021/サハラカラー
スポンジ素材によりかなり軽量化され、クッション性があります。
ブラウン系のアッパーと合わせますと、クラシカルな雰囲気に。
ソールカラーは、ブラック/ダークブラウン/サハラより選択可能です。
0608-80608-90608-4
DESERT BOOT
#4014/アイボリーカラー
スポンジとラバーが混ざったような素材で
耐摩耗性と弾力性のバランスがとれています。
ソールカラーは、ブラック/アイボリーより選択可能です。
0608-70608-60608-5
0612-20612
DESERT BOOT/DESERT TREK
vibram #2060/サハラ(サンド)カラー
2021とほぼ同じですが、こちらはヒール部分に段差がついています。
2021より若干色味が濃い感じです。
ソールカラーは、ブラック/ダークブラウン/サハラより選択可能です。
0612-03
0608-12
DESERT BOOT
クレープソール/ブラック染め
オリジナル同様の天然クレープ素材です。
この独特の履き心地は快適なのですが、ねちゃねちゃ症候群さえなければ…。
0608-190608-170608-16
DESERT BOOT
vibram #1136/アメ色
硬質なラバー素材ですので、耐摩耗性は他の素材に比べ
もっとも優れています。
ソールカラーをアメ色にすることで、アッパーのベージュと
相性が宜しいかと思います。
ソールカラーは、ブラック/ダークブラウン/アメ色より選択可能です。

それぞれソールの特性がありますので、ご自身の使用状況により
カスタマイズされてはいかがでしょうか。
以上、「クラークスの修理専門店ではないのだけれど…」でした。
HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 21:25│ クラークス