2017年10月03日

猫も、杓子(しゃくし)も。

0931

以前NHKで放送されたネコメンタリー。
テレビの番組欄表示にて、タイトルが気になったのでとりあえず
録画していたものを忘れた頃に視聴。

作家の「角田光代とトト」とお話。
作家の書き下ろしの小説と、ミニドキュメントな仕立て。

短編「任務十八年」に思わずウルル…。
こちらのBLOGに全文掲載されていました。

そして、昨日同じように番組欄を流していましたら
ネコメンタリー発見!。
どうやら好評だったようでシリーズ化されていました。

次回再放送は、「吉田修一と金ちゃん銀ちゃん」
猫短編も気になりますが、普段作品を読んでいる作家さんの
制作風景がちらりと垣間みれるのも新鮮です。
0931-3

こちらも以前NHKで「漫勉」という、漫画家さんの制作風景、
実際に紙に描いている所を固定カメラで撮影している番組も
面白くて観ていました。
(まだ数回分観れずに、HDに溜まっていますが…)
1ページ描くのにどれだけ大変で、試行錯誤なのかが伝わります。

「ドキュメント72時間」しかり、「ブラタモリ」しかり
NHKは、いいところついてくるなぁ〜と思う
今日この頃。

ampersandand at 18:08│ 徒然