2020年04月09日

ボタンブーツが出来るまで… 製甲からの完成篇。

前回で細かいところまで決まったのでようやく本番です。
それぞれ型紙に合わしてパーツを裁断し、組み立てる際に
革が重なる部分は漉き加工を行い製甲の下準備を。

製甲とは裁断したパーツを縫製して組み立てていく作業になります。
靴の製作はいくつか行程に分かれていまして、
デザイン、型紙、裁断、漉き、製甲、釣り込み、底付け、仕上げ
という感じでしょうか。
0408
20200330000
20200330015
型紙は靴型にデザインを描いてそれを平面に落とし込む作業になります。
三次曲面の立体を平面に落とし込むので矛盾が生じますが、
足したり引いたりと色々と駆け引きをして平面にしていきます。

例えばサッカーボールを想像してもらえると分かり易いかも知れませんが
あれって球体にするのに革パーツをパズルの様に組み合せていますよね。
昔ながらの黒白のデザインだと五角形や六角形のパーツ
を組み合せて球体にしてます。

靴型の場合は三次曲面なのでピースは複雑です。
単一の球体と違い、膨らんでいるところもあれば凹んでいる形状もあるので
ややこしや、ややこしや〜。

その型紙が合っているかどうかは革で試作をし、靴型に釣り込んでみて
正解かどうか分かるのですが、釣り込んだ結果、変な皺がでてしまったり
靴型に添わずに浮いてしまったりして何度やってもうまくいかない…
と、今回のようなほとんど余りやらないボタンブーツの型紙の場合は
どつぼに嵌る場合も多々あります。

ただ使用する革や釣り込む時の革の伸びをイメージし、
どの部分に面積をプラスしてどの部分をマイナスにして…
と右脳で想像しながら型紙を起こし、釣り込んだ際にぴたっと
一発でうまくいく時はなぞなぞの答えが閃いた時のような
気持ち良さがありますね。

ちなみにですが今回はボタンブーツということもあり、
縫製するミシンの構造(腕ミシン)の都合で、その順番で組み立てると
後々にこの部分が縫製できなくなる…
と、製甲途中で気づく事も今回は何度かあり精神的ダメージが甚大でした…。

パイピングの縫製。
パイピングはあまりやらないので緊張します。
202003300012020033000220200330003
ライニングの縫製。
はみ出ている部分は縫製後に市切りという道具で浚います。
20200330004
ボタンホール縫製。
今回はシンプルにぐるっと縫製。
20200330005
つま革縫製。
筒の部分と胴体部分を縫製していきますが、ミシンの構造により
今回のボタンブーツではそのままぐるっと一周縫製するのは厳しいので
何かと工夫が必要でした。
20200330006
製甲完成。
20200330007
釣り込みをして底付け途中まで。
20200330008
20200330013
底はマッケイ製法で底縫いを行ないました。
あとは前側にハーフラバーソールを取付け、踵周りは積上げとリフトの
取付けをし、底面をオールブラックに染めて完成となります。

ちなみに前回の最終確認の際に念の為、底周りの確認をとったところ…。
当初の打ち合わせではメンズライクにコバを張り出させて
靴底もボリュームのある感じでということでしたが、
最終的にはコバを出さずにすっきりとした感じ、ということになりました。

なので前回の試し履き靴ではコバありになっていますが、
最終ではコバ無し(丸コバ)になっています。

コバ無しになり底周りが華奢な雰囲気になるので、それではヒールも
寸胴(垂直)ではなくピッチドヒールというのもありますよ、とご提案。
ピッチドヒールというのは地面に向かって少しずつすぼめていく仕様に
なりますが、その方が今回のようなコバ無しのシングルソールの華奢な
雰囲気には相性がよいです。

完成。
200303
202003300112020033001020200330009
黒革は表面が平滑なスムースレザーを用い、白革は表面に皺柄のあるシボ革を。
シボ革を用いる事で表面に陰影の表情が生まれるので、スムース同士の
白黒の対比より白革と黒革のコントラストが少し和らいで雰囲気が
宜しいかと思います。

ちなみに黒色と白色で出来た靴を撮影するというのは難しいですね。
白飛びしてしまうか、影が潰れてしまうか…。
ホワイトバランスはどう調整したらいいのやら。

確かイギリスではインスタ映えしないので(巧く映せないので)
黒猫がたくさん捨てられてしまうというニュースがありましたが…
そんな奴は猫を飼うんじゃない!
と思う今日この頃…。



その他のボタンブーツの記事(カスタムリメイク篇)



ampersandand at 12:00│ 靴づくり