徒然

2016年08月20日

4×100リレー 金メダル?

0820

2016 リオ     2位/37.60 日本
2012 ロンドン   2位/38.12 トリニダードトバゴ
2008 北京     2位/38.06 トリニダードトバゴ
2004 アテネ    1位/38.07 イギリス
2000 シドニー   1位/37.61 アメリカ
1996 アトランタ  1位/37.69 カナダ
1992 バルセロナ  1位/37.98 ナイジェリア
1988 ソウル    1位/38.19 ソビエト
1984 ロサンゼルス 1位/37.83 アメリカ
1980 モスクワ   1位/38.26 ソビエト

今回の日本の記録がかなり早かったので、1984まで遡って
調べてみたのですが、今回の日本の記録 37.60 ですと、
ご覧の通り2004年以前だと金メダルをとれています。

ロサンゼルス大会ですと、あのカールルイスのチームに
余裕で勝ってしまっております。

カールルイスの、あのしなやかな走り姿が懐かしいですね。
1991年世界陸上/幅跳びでの、マイクパウエルとの世界記録争いは名勝負。
0820-2

その頃の幅跳びの記録に比べると、今回のリオや最近の
幅跳びの記録がかなり低い記録の争いになってしまっており残念。

9メートル超えるかどうかの争いだったのが、
今では、8メートル前後の争いになってしまっています。
100メートルの記録はどんどん縮まっているというのに…。

ケンブリッジ飛鳥選手は、幅跳びに向いてそうな体格をしているので
2020では、二刀流で出場してくれないかと思う今日この頃…。

ampersandand at 23:24|Permalink

2016年08月09日

ゴジラに店を踏み潰される… 大田区VSゴジラ篇

0807-5
最近になってゴジラのフラッグが雑色商店街に
たなびいているのに気付く。

どうやら大田区とゴジラは戦っているらしい…
ので、その戦いぶりを昨日の仕事帰りに
レイトショーにて「シンゴジラ』を鑑賞。

0807
大田区を蒲田方向へ進むゴジラ?…
位置関係からして序盤で当店は踏みつぶされている感じです。
完全に大田区の負け、勝負になっていないがなー。

調べてみると、蒲田駅周辺には撮影当時は交通規制があった様。

怪獣ものや特撮ものが好きという訳ではないのですが
前回の渡辺謙さんのゴジラもレイトショーで観ていたり。
今回のシンゴジラ、おもしろいですね。
途中でゴジラが可哀想なくらい攻撃されてます。

CGを使いつつ、往年のアナログな特撮感をわざと醸し出していたり。
無人在来線爆弾… ウケます。
そして音楽もいいです。

サントラ買ってしまおうか悩みますが、買ってもお店で流すかは検討中、
流すといつも戦闘状態的な感じになってしまいますし。

ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ
ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ…。

もう一度、観に行こうかとも思う今日この頃。

ampersandand at 21:32|Permalink

2016年05月13日

GWの鞄教室と、レモン鞄。

20年来の知人がときどき休日に鞄を作りにやってきます。
なのでわたし的には休日にはならないのですが…。
今回は前回作った鞄のほつれ修理とあらたにもう一つと。

前回は(毎回ですが)結局、夜遅くになっても終わらなかったので
持ち手付根など部分的に持ち帰りの宿題で完成していましたので
今回はすべて手縫いではなく、ミシンを併用し
ポイントで手縫いを用いるということで話がまとまりました。

ただ、使用する17ミシンには一般の教室で使われているような
定規ガイドもなく、速度も一定ではないクラッチモーターなので、
初心者ですときれいに縫うのは難しいので、
粗が見えないように、ミシン縫製部分は内縫いにし、
ミシンの縫い目はなるべく外観に見えない仕様にしておきました。
0503-110503-12
夕方には出来上がる算段でしたが、今回もなんだかんだで
すでに21時前に…。
夕方からは間に合いそうに無いので、
分担作業で私も手伝ったのですが、持ち手が片側付いておらず…。

ラジオから聞こえてくるアナウンスに耳を傾けると、
夜遅くなると嵐になるとのこと…
天気図を確認してみますと巨大な雨雲が刻々と接近中…。
なので結局回も片手は持ち帰りで完成してもらう事に…。

今回の鞄は、以前製作していたサンプルの鞄を参考にしつつ、
その型紙を色々組み合わせ、型紙製作の時間を節約してみましたが、
あれこれ世間話をしながらですと、手が遅くなってしまう次第です。
今回の世間話の主な議題は「自給自足」について。
0503-15
片手はまだついていないですがこんな感じになりました。
アイスグレーのヌメ革にブラウンのシュリンク革の組み合せ。
なかなか既製品ではない色の組み合せ。

0503-14
こちらが前回の鞄教室で製作した鞄、今回はほつれの修理で持込み。
宿題で持ち帰った部分の糸処理が中途半端だったようで
糸がほつれ始めておりました。
前回、出来上がりをみて、少し小さいかぁと思っておりましたが、
持ち歩きにちょうどよいサイズだったとのこと。
でもお弁当が入らないので今回はマチ広めをチョイス。

で、ちょうどこの生徒さんは4月が誕生日だったので
遅ればせながら今回のGW教室開催に間に合うように、
バースデー鞄をサプライズ製作しておくことに。
0503-2
0503-5
まずはサイズ、お店に溜まっていた紙袋を参考に大きさを決めてみます。
それと持ち手の付け方をどうしようかと。
大きさは身の回りのものがとりあえず収納できて
手軽に持ち運べるサイズに。

サイズと持ち手が決まると、とりあえずサンプルを作ってみます。
0503-4
だいたい良さそうなので本番に。
使用する革は、キュウイ、レモン、ストロベリーと
勢いで3色購入していた山羊革の中から、あっさりレモンイエローに。
春夏な感じでよろしいかなと。

山羊革だと一枚が小さいので、このサイズの小振りな鞄でも
一頭で1.5個分くらいの鞄しかできません。

このレモン色の山羊革の在庫はこれ一枚きりなので、
カットを間違えたりすると強制終了になってしまうので
裁断前に再度型紙の確認を。
0503-60503-80503-7
内装は生成りの帆布で爽やか系に。
山羊革特有の表面の天然シボと、ふんわりとした柔らかい
触り心地がよいです。

底部分の形状は、革の柔らかい印象を生かして
丸底にし、角が出ないようにしまして完成となります。

ときどき早朝出勤してちょっとずつ進めておりましたが、
結局は仕事が立て込み、ぎりぎり前日の最終組み立てに
なる次第でありました。
0503-9
0503-103
YAGI lemon tote

春夏、活躍してくれるといいのですが。

ampersandand at 19:00|Permalink

2015年10月27日

冬支度。

1027


人より寒さに弱いのかもしれません。

すでにこの時期にして指先に冷えを感じる今日この頃…。

猫のように、ひなたを探し求めてしまいます。

本格的な時期には、厚手の靴下や二枚重ねで凌ぐ次第ですが

そうしますと、このジャストサイズのブーツも

履けなくなる次第であります…。

冬用と云いますか、靴下二枚重ね用の靴が必要なのかもしれません。

ampersandand at 11:34|Permalink

2014年09月12日

余計な一言…。 夏のクラフト合宿篇

なんの用だったか忘れましたが、知人がお店に訪れた際に鞄を作って欲しいと。
今は空いた時間で注文靴の準備をじわじわ行っているので、無理と。

なんなら自分でつくればいいじゃないの〜と…ぽつりと私。
0907-74

工芸系の知人なので、手順さえはじめに伝えれば、
勝手に店舗二階でさくさく進められるだろうと思いましたが…。
結局は休日出勤で付きっきりなことに。

作り始めは、できるのかどうか不安げな様子でしたが、
革包丁を握りしめ裁断、穴開けをして手縫いでちくちく…
ようやく持ち手部分が形になってくると、なにやら目覚めたご様子。

持ち手付根の形状を、こんな感じに変更したいんだよね…と。
おいおい…。
今から変更するとなると、本体に開ける穴の位置や、
同時に縫製する内ポケットの穴位置も変更しなければ… ならず…。

そういう面倒な部分はこちらで引き受けて、
持ち手の形状サンプルを納得するまでおやりなさいと。

というのも、デザインや型紙だけですでに午後になっているので
このままでは終わらない予感…。
0907-75

持ち手の形状は、なんだかんだで4つぐらいサンプルを作っていて、
並べてみますと、なんということでしょう…
始めの形に戻っているではないですか…。
そんなコントをしておりますと、あっというまに夕方…。

晩ご飯をファミマに買い出しにいったりと、なにやらクラフト合宿です。
手分けして穴開けたり、型紙修正したり、手縫いしたりして
終電間際まで、もくもくと作業…。

結局完成には至らず…
自宅にて個人練習にしてもらうことに。
糸と針とポンチと裁断した革とをお持ち帰り。
この後の注意点を監督から指示を出しまして帰路に。

後日、合宿の成果を画像で見させていただきましたが、
なにやらフィルターが掛かっていて、なんだかいい感じに写っております。
本人曰く、持ち手がいい感じと。
そうでしょう、そうでしょう、あれだけ粘ったのですから、
いい感じでないと困ります。

以上、夏のクラフト合宿篇でした。

ampersandand at 14:59|Permalink

2014年08月12日

差し入れミュージック。

ときどき、お客様からお菓子やお土産など
差し入れを頂きますが(ありがとうございます)、
こんな差し入れを頂きました。
0615-3
Sharon Van Ettenさんのアルバム「because i was in love」。

先日いらっしゃった際に、受付の順番待ちで、椅子に腰掛けているあいだ、
このアルバムの一曲目「I Wish I Knew」が頭の中で流れていらしたと。

午後の、のんびりとした日差しの感じや、店内の雰囲気が
この曲の感じだったということで、アルバムをプレゼントして頂きました。
0615-5
ぼーと、仕上がった艶やかな靴底を眺めつつ、
午後の紅茶でも啜っている時なんかに流すと、いい感じです。
(電車の音がしなければ、尚よいのですが)

ちなみに、営業中の工房にはTOKYO FMを流しておりますが、
受付側の店内には僅かに聞こえるくらいでしょうか。

19時以降は、もっぱらipadでyoutubeの洋楽を無作為に流しておりますが、
最近見つけたもので、作業用音楽として組まれた映像もあり、
ノンストップで3時間とかエンドレスで流れてくれていて、
重宝しております。

youtubeの始めの5秒とか、あいだにちょういちょい差し込んでくる
CMは、なんとかならないのでしょうかね。
サブリミナル効果でも狙っているのではないかと、思わないでもありません。
0811

まあ、あれが広告収入になっているのでしょうし、
タダで使用しているのですから、それぐらいは我慢我慢と思いながら、
5秒経った瞬間に、クリックしている今日この頃…。
求む!自動クリック機能。

ampersandand at 22:29|Permalink

2014年07月14日

孤独のグルメ season4 始まっております。

0716

食ドラマ三部作のひとつ、孤独のグルメ

先週からテレ東にて始まっております。

取り急ぎのご連絡となります。

店主

ampersandand at 16:28|Permalink

2014年03月31日

たった3年で人生は変わる。 のんびり篇

気付けば3月3日で、はや3周年となり、4年目突入しております。
覚えていてくださったお客様から、お花も頂いてしまいました。
わざわざ雨の中、ありがとうございました。

そもそも開店時期は、靴作りの準備をしてから、
5月ぐらいのオープン予定だったのですが、
仲六郷近辺では、なぜだか、

「あの店は3月3日がオープン」という噂が立っていまして(お客様談)

2月末ぐらいからは、まだ店内什器を制作している段階で、
ご近所のお客様がちらほらとご来店してしまい、
なし崩し的に、3月3日の強制オープンとなった次第でありますが…

什器を作りつつ、修理もしていましたね…。
あのバタバタも、昨日のことのようです…
IMGP0585

3年も月日が経過しますと、お子さんに弟さんが生まれたお客様や、

結婚なさってご夫婦でご来店されるお客様、

遠方へお引っ越しされるということで、
わざわざご挨拶にお越しいただいたお客様、

連れられて来ていたお子さんが小学生になったり、大学生になったり…

CMで耳にする、たった3年で人生変わる…という感じです。

0330-2
0330-5
私はといいますと、ありがたいことに予想以上に、
全国から修理のご依頼をいただきまして、当初予定しておりました

「のんびりと靴を作りつつ、修理もする」というスタンスが、

「あれこれと靴の修理をしつつ、鞄の修理もする…」というスタンスに…。

03300330-8

ですので、4年目からは、当初のスタンスに戻すべく
一旦ストップしていた靴作りの準備を、
修理の傍ら少しづつ始めていたりします。

0330-6

そんなスタンスをとっておりますと、あっという間に夕暮れな日々です。

夕暮れの光が暖かくなってきたなぁと思う、今日この頃…
0330-3






ampersandand at 17:49|Permalink

2014年03月11日

3.11 検索募金

11

3.11 と、YAOOで検索しますと、10円募金されるとのことです。

何度か実行してみましたが、
おひとりにつき10円と小文字で書いてあるのに気付きました…。



ampersandand at 00:31|Permalink

2014年02月11日

鳩でアイスバーン。

千葉のほうでは、また雪が降り積もっているようです。
0211-17
先日の大雪では、タンクソールの靴が活躍致しましたが、
それでも人や車が通り、踏み固められたアイスバーン状のところでは
気をつけないと滑りそうになりますね。
0211-15
0211-16
鳩が13羽…。

13羽集まりますと、鳩でも踏み固めれるようで、
アイスバーンになってますね。

しかし、いったい何をついばんでいるのやら… 

ampersandand at 20:11|Permalink