鞄と小物修理

2019年11月13日

ストラップがあれば出番がまわってくる鞄たち。 ストラップ作成篇

わたしは自転車に乗るので(ママチャリですが)私物の鞄を作る時には
ストラップも合わせて作りますが、革で作ると大変なので
生地とコンビの鞄の場合はストラップは生地で作ってしまいます。

102219022

ストラップの長さはだいたい90cmから120cmくらいが相場ですが
そうなると革で作る場合は100cm前後の長さが必要になります。
女性モノのストラップですと幅が15mm程度が一般的です。
ですので両面で30mmが必要になりますが、そんな都合良くは出来ません。

100cmの直線で、その直線上に傷や質の悪いところを避けて革を裁断しますと
実際にはそれ以上の面積の革が必要になります。
例えば人間で例えると、ほっぺたの革はぴちぴちで良いが、
肘の部分はだるだる…のように牛も部位のよって繊維の締りが異なっています。
ですので端から端まで質が良い部分を採ろうと思うと無駄がかなりでます。

そして幅も、始めから15mm幅きっかりにカットする訳ではなく、
実際には25mm幅ぐらいでカットし、両面貼り合わせてから
両サイドをカットして作るので、細いベルトでもそこそこの
革の分量が必要になります。

ですので革の消費量が多いので有名ブランドのストラップでも、
無駄なく革を使う為に途中で革が継いであったりすることはしばしばあります。
ただ当店の場合は、継いで作る方が逆に手間なので革の長さが足りていれば
継がずに一本取りして製作しています。

山羊革など個体が大きくない生き物の場合は必然的に
継いで作るしかありませんが。

コニャック色の鞄は元々ストラップは付いていて、
それと同じようにグレージュ色の鞄にもストラップを取り付けたいとの事。
金具をひっかける部分はぎりぎり持ち手付根のカンにひっかける事が
可能でしたので、今回はストラップのみの作成となります。

色味が微妙な革でしたが、日頃から使い道も考えず、革を購入していた
甲斐もあって同じ感じの色がご用意できました。
表面のシボの感じは若干異なるのですがいい感じです。
AFTER
102219021102219025

次にこちら。
こちらも先程のグレージュ色のようなグレー系の革の色。
少し赤味もある先程のともまた微妙に異なる色味です。
110119010
110119011
通勤途中で電車に長く乗るのでその時に肩掛けにしたいとのこと。

途中経過の画像が見つからず終盤のミシン掛け。
革の堅さや表情によって単純に革を張り合わせるのではなく、
間に色々な種類の芯材を挟み込んで強度と風合いを調整して作成しています。
110119012
今回の鞄はどちらもストラップ金具を引っ掛ける部分がないので
本体側に引っ掛けるDカンを二箇所取り付けます。

グレージュ色の鞄は持ち手の背後に取り付けて目立たないように。
一般的な両サイドでもいいのですが、ファスナーのエンド部分に
革のパーツが付いていてごちゃごちゃしてしまうのもあって
今回は持ち手付根の背後に。
110119016110119021110119017

ブラックの鞄は外観にファスナーなどの金属パーツがなく
オールブラックな仕上がりなので、金具のギラギラは隠した方が
鞄の雰囲気に合いそうなので、内装部分に取り付けたDカンと、
それに引っ掛けた際のナスカン(引っ掛け金具)は、
装着の際に外観から隠れる深さに取付けを行ないました。
110119018110119019110119020
金具を隠すのは、我ながら気が利いているなと思いましたが、
常に気が利いてる訳ではないので、
取付けイメージがございましたらぜひお伝え頂ければと思います。

これで二点とも出番が増えるとのことでしたので何よりです。
ストラップは幅、長さ、長さ調整のありなし、金具の色などなど
ご希望の仕様で作成が可能です。

ただ始めにお伝えしておりますように、ストラップを作成するには
そこそこの革が必要になりますのでそれなりに費用は掛かってしまいます。
費用を抑えるには、ベルト部分をナイロンでも作成は可能ですので
ご相談下さい。

ampersandand at 19:30|Permalink

2019年11月11日

キャッシュレスには適さない鞄。

当店でも最近はpaypayで支払いできますか?と聞かれる事が増えてきました。
キャッシュレス化の波は当店のような商店街の片隅のお店まで
押し寄せてきています。

8年前の開業当時、色々なクレジットカード決済の営業さんが
毎日のように訪れ、今ならば機材は無料で提供できますよ、
という誘い文句に一時導入を検討した事がありました。

キャッスレス決済はお客さん側からしてみれば便利ですし、
増税の今ならばポイント還元までされるので良い事ずくめなのですが、
お店側からすると、決済ごとに売上げの3から5%ぐらい決済手数料と
して決済業者に支払わなくてはなりません。
なのでお店からすると現金で会計して頂いた方が有り難いのです。
(キャッシュレス決済前提で価格に上乗せしているお店もあるようですが)

今は分かりませんが、昔バックパックで一月程、イタリアを旅行した際に、
安宿で「現金払いならば安くするよ」といわれたので、
その後の他の宿で泊まる際には「現金で支払うから安くならないか?」
というと大抵少し安くしてくれました。

当時はその理由が分かっていませんでしたが、
この決済手数料分という事だったのかなと思います。

ちなみにもっと安くならないかというと、「じゃあついて来て」と云われ
ベネチアの路地をしばらく歩いて古びた建物の狭い階段を大きなリュックを
壁にこすりながら登っていくと、通された部屋はどうみてもホテルの
部屋ではなく、その人の家だったということもありましたね。
今で云うところの民泊という感じだったのでしょうか。

前置きが長くなりましたが今回はキャッスレスに適さない鞄の話。
適さないとは?ですがカードの磁気データが消えてしまう鞄になります。
110119000110119001
このような鞄の口を閉じるマグネットの留め具。

伺うと旦那さんの鞄も同様のマグネットが付いている鞄を使われていて
お財布?にしまっておいたクレジットカードなどの磁気データが壊れてしまい
使えなくなってしまったということ。
なのでそうなると困るので、自分の鞄の留め具を変えておこうとご来店。

調べてみるとクレジットカードにはICチップと磁気データ(黒いライン)が
両方搭載されている場合が多く、ICチップは磁気には影響を受けないようですが
磁気データは壊れてしまう場合があるようです。

ちなみにカードをスマホの手帳型ケースに収納している場合も
磁気データが壊れてしまう場合もあるようです。
スマホから発生する磁気やケースに埋め込まれている(蓋を閉じる)マグネット
で障害が起きる場合もあるようです。

110119002
マグネット留め具を交換する際には座金という裏面の固定金具は
内装の間で固定されているので縫製を一部解いて座金を取り外します。
110119003
丸い座金のスリットに表面のマグネットに付いている足を
折り曲げて固定されています。
110119005110119006
マグネット留め具からの交換にはホックボタンを使用します。
交換したら元通りに縫製し直して完成となります。
110119007110119009

今後はキャッシュレス化は進んででいくと思うのですが、
例えば近頃の災害時、停電になった際には支払いは「paypayで」とはいかず、
水を買うにも現金が必要になりますし、災害の時でなくてもときどき
通信キャリアで通信障害が発生し、スマホが使用出来なくなっている
ニュースも定期的にあります。

なので古いタイプの人間としてはやはり現金が
安心だなぁと思う今日この頃な訳で…。

ちなみに今後のキャッシュレス化に伴う余談になりますが、
先日観た映画の影響か、太陽フレア問題が気になります。

太陽フレアとは11年周期で発生する太陽の表面で起きる爆発現象ですが、
これにより発生する磁気嵐の影響で、例えば近年ですと、2017年9月8日に
発生した太陽フレアでは、地球の通信機器や衛星に障害が発生する可能性が
あるということで、官房長官が記者会見するまでの事態にまでなっています。
nasa
by NASA

これは結局、9日違いで地球の公転軌道をずれて直撃せずに済んだようですが
実際に同規模の太陽フレアが直撃した1859年9月1日については、
世界各地でオーロラが発生し夜が昼のような明るさになったということです。

まだ電気が発達していない当時では被害は少なく済んだようですが
全米科学アカデミーによると、2017年規模の太陽フレアが地球に
直撃していた場合、電力網が世界規模で破壊され(10年単位で再建困難)、
地球の文明は19世紀初頭(ナポレンが活躍していた頃)に
戻されてしまうだろうということです。

こうなってくるとキャッシュレスどころの話ではなくなる訳ですが…。

<参考リンク>
太陽フレア
巨大太陽嵐が地球を襲うとどうなる?
NASA
1859年の太陽嵐

先日観に行ったという映画は、アド・アストラ。
これも確か磁気嵐?電磁パルス?が関係している話でしたが…
内容が定かではないのは、冒頭の導入部分以降はあまり楽しめなかったと
云う事なのですが…☆ 2.5かな。
ちなみにインターステラーは、☆ 4.3になります 。
アドアストラ
アド・アストラ公式HPより

ampersandand at 11:46|Permalink

2019年10月26日

ミルフィーユな持ち手。 グッチの持ち手交換篇

貼り合わせのみで作られた持ち手というのはいずれバラバラに
剥離してきてしまうのでご購入の際はお気をつけ下さい。
102219009
102219011

持ち手は手に触れて汗ばみますし、手の部分は屈曲します。
その部分が縫い合わされずに貼り合わされているだけであれば
必ず剥離してきてしまいます。

今回の持ち手は厚みが5.0mmぐらいありますが、実際の革の厚みというのは
表と裏に使われている1.0mmずつとなり、間に挟まれている部分は
紙を圧縮したボール紙のような合成素材になります。
GOYARDの持ち手も同じ作りですのがこちらは縫製してありますので
剥離してはきませんが、付根部分が使用により捻られてしまい
芯材のボール紙が割れて付根で千切れがちです。

この圧縮素材はしばしば鞄に使われていますがとても厄介…。
経年劣化してくると、ミルフィーユのように表層が剥離し始めてきます。
ですので剥がれた部分を接着しても、その下層の層が引っ張られて
また剥離してきますので補修が不可となります。

ですのでこのような仕様の持ち手は作り直しになってしまいます。
ちなみに腰に巻くベルトも同様に接着のみで作られている製品がありますが
その場合もやはり同じ症状が起ります。

表と裏で貼り合わせ、それを曲げて使用する製品は構造に無理があるので
そもそも剥がれてしまいます。
貼り合わせたものを曲げると内側に皺が寄りますが
皺がよるという事は裏面のほうが長さが余っている状態です。
使い込んでいくと表側の革は伸ばされ内側の革は弛んでいきますので
最終的に元々は同じ長さであった表と裏の革の長さが異なってしまい
接着では固定できずに剥離してきてしまうという事です。
102219016
新たに作成する場合はもちろん縫製した仕様でお作りします。
そして合成素材は使わずすべて革で構成します。
102219013
1.6mmのオイルヌメ革を両面に使用し、間の芯材には2.5mmのヌメ革の
床革を挟み込みます。
合計6.0mm弱の厚みに重ね合わせてから革包丁で仕上げの幅に裁断します。
102219014
102219015
断面はグラインダーで滑らかに削り、角ばったエッジも落とし
手触りを良くしておきます。
断面は毛羽立ちますのでコバ(断面)に目留め液を塗布し落ち着かせます。
最後はコバ用の塗料でブラックにコーティングします。
102219017
ミシンで縫製し本体にセッティングして完成。
セッティングはオリジナルと同じ仕様で手縫いにてステッチを掛けます。
102219018102219019
縫わない持ち手の剥離というのは、そもそもブランドは承知していて
そのような仕様にしているので、たちが悪いのか、長く使うモノではない、
という考えという事なのか…。

なかなか値段と質が合わない世の中だな、と思う今日この頃…。

ampersandand at 19:30|Permalink

2019年08月23日

TUMIのボディバック No.222393 金具交換篇

190817011
こちらのボディバック。
ストラップが固定されている金具が金属摩耗で外れてしまっています。
190817027
金属同士ですので少しずつ少しずつ互いに削り合ってしまいます。
そして出っ張り部分が無くなるとすぽっと外れてしまう訳です。
190817026

今回の金具はTUMIでオリジナルで作成され、用途もこのバック限定の
使い方を想定して製作していますので、同様の機能を保った金具と
いうのは存在していません。

ですので同じ動き、機能をするように代替品で補修するしかありません。
金具は上下とも別方向に回転する回転カンを用いる事に致しました。
金具を本体側に固定するには渡されたベルト部分と連結し横方向に
スライドできる仕様にする必要がありますので、ここはナイロンベルトで
輪っかを作り対応致しました。
ストラップ側はオリジナルと同じように金具に組み合わせて完成となります。
190817010
私としてはリュック派なのですが、猛暑の現在、通勤するだけで背中が
びっしょりなのでナイロンか麻の手提げ鞄の製作を目論んでいる次第です。

ampersandand at 08:00|Permalink

2019年08月22日

エルメスのベルリンヌ仕様のショルダーストラップを作る篇

前回の「とんちなエルメス」のご依頼主さんから別件でエルメスの
ベルリンヌ仕様のストラップのご依頼。
コットンベルトとレザーを重ねたストラップになります。
こちらがオリジナルのHERMES Berline
190818-4190818-10

革は前回と同じオリーブカラーでコットンはブラックの組み合わせ。
付根部分の形状はエヴリンと同じですのでエヴリン仕様にコットンベルト
を組み合わせた感じです。

金具はオリジナルに近い形状の品がありましたが、付根の可動方向が
異なっており使用する鞄では使い難くなる可能性がある為、
雰囲気が合うものを組み合わせる事になりました。
AFTER
190818001190818002190818003
オリジナルは長さが固定でしたが、長さ調整ができる仕様で仕上っております。



ampersandand at 08:00|Permalink

2019年08月21日

とんちなエルメス。 ストラップ作成篇

ときどきエルメスにメンテナンスに出すのでストラップは
取り外すことができる仕様で作れないかというご相談。
取り外せないストラップを取り付けてカスタムしてしまうと
エルメスで本体の革のメンテナンスを受け付けてくれなくなるそうで。

婦人鞄ですが男性のお客様が使われるという事で、もともとついていた
ストラップは細く本体に組み込まれている仕様でしたので
お客様の方でカットされたという事です。

ストラップも恣意的にカットしたという場合はエルメスで
本体のメンテナンスが受け付けられなくなるそうで、
自然に千切れた感じになるように外されたそうです。
エルメスのビス固定005
本体上面に取付けられた金具。
この金具が左右に二箇所ついていてオリジナルはベルトがこの二箇所を通って
エルメスのコンスタンスのようにループ状になっていたようです。
エルメスのビス固定006
はじめのお問い合わせでは確か、当店で作成しているエルメスの
エヴリン仕様のストラップでということでした(以下画像)。
190818-2
取り外せる仕様にするにはこの金具に引っ掛ける仕様にするのが
一番簡単ですが、それですと金具に傷がついてしまいますし、
そのような使い方には若干、本体側の金具に強度不足な感じもあります。

では取り外せる仕様にするにはどうすればいいのか…。
お客様とご相談の結果、それぞれの金具にベルト状に巻き付けて
ギボシ金具で固定する方法ではどうかとなりましたが、
試作してみると巻き付ける部分が大きく目立ってしまい、いまいち…。

で、このようになりました。
真鍮でできたネジ式のビスで固定する方法。
エルメスのビス固定001
ネジで固定するのでループを絞って膨らみを最小限にでき
窮屈な設定でも固定することができます。
エルメスのビス固定002エルメスのビス固定003
付根部分の形状はエヴリン仕様を踏襲した感じがよいとのことでしたので
ベルトと組み合わせた感じの形状に仕上げてあります。
ベルト生地はコットンで幅40mmくらい(記憶が曖昧ですが)で
長さ調節仕様にて作成しています。
エルメスのビス固定000
これでエルメスにメンテナンスを依頼する際にはカスタムしたことを
バレずにメンテナンスサービスが受けられるようですので
めでたしめでたしでございます(念の為、BLOG掲載の許可を頂きました)。

ネジ式ですので万が一緩んで紛失してしまうとまずいので
予備のネジビスを付属させて頂きました(ネジは10円玉で絞められます)
一休さん的なとんちカスタム事例ではありましたが面白かったですね。

参考記事


ampersandand at 08:00|Permalink

2019年08月18日

鞄の内装の生地って気にしていますか? 内装交換篇

鞄を購入する時に内装の生地って気にしていますか?
気にされているとしても色ぐらいでしょうか。
デザインはいいけど内装の色が嫌だから買わないっていうのは
あるかもしれませんが、生地がナイロンだから麻だから合皮だから…
という理由で購入されないというのは少ないかもしれません。
*合皮で作られた内装の鞄は買わない方がよいですが。

BEFORE
190817029190817028
薄手の麻素材。
縫い目で裂けてきたところもありますが、どちらかというと内装生地同士で
擦れて切れてしまったような状態でしょうか。
生地同士で擦れて切れてしまうというのは困ったものですね。
生地が弱くて薄いのが原因かと思います。
190817030190817031
生地が薄いので耐久性に乏しく、背面ポケットの底部分も小物の重さに
耐えきれず裂けてしまったようでご依頼主さんで糸でかがって
縫製されている跡があります。

麻素材は素材感があって雰囲気がいいのかもしれませんが
薄手だとちょっと弱いですね。
珈琲豆袋に使われているようなあのレベルならば
逆に強度抜群だとは思いますが。
190817033190817034
元の内ポケットやロゴ(移植)などすべて再現して組み立てていきます。
内装生地にリクエストが無ければ、通常は倉敷帆布11号を用いて製作致します。
同じ帆布でも倉敷帆布ですと目がしっかりと詰まっていて上品な感じがあり
尚かつそれだけで外装にも使用できる強度があります。

ファスナーも内ポケット、背面ポケット、フラップとそれぞれ三箇所を
一旦取り外し内装と組み合わせて再度縫製していきます。
AFTER
190817037190817036190817035
ロゴ以外で使用されている内装部分の革は、縒れていたり痛んでいる部分は
新たに製作して交換してあります。
今回は内ファスナーポケットの周りとポケットのパイピングの革は
新しくなっています。
190817038
表革の底角が擦れて穴が開いていましたので革で縁取り補強を致しました。
表革のマチの縫製方法が少し変わっていましたので、擦れて穴が開いた
部分をつまんで縁取り補強が可能でした。
190817039
婦人鞄で使われている内装素材ですと合皮もそこそこ使われています。
ブランド品の20万クラスでも使われていますが、合皮が使われている場合は
ご購入されない方が宜しいかと思います。

または2.3年後にべたべたと劣化した際の内装交換前提で購入されるのであれば
いいのかもしれませんが、デザインによっては外装もほぼパーツごとに
分解しないと内装交換できない仕様のものもありますので、
その場合は内装交換費用が鞄自体の価格よりも高くなる場合もあります。

そもそもメーカーならば合皮を使えば必ず劣化することを承知で
販売していると云う事になりますので、それは劣化した際には
新しい鞄に買い替えさせよう作戦なのだろうと思います。

そんな作戦にはまってしまうかどうかは、あなたの目利き次第と
なりますのでご購入の際は、商品タグに記載の注意書きや素材表記を
ご確認して頂ければと思います。

参考記事




ampersandand at 14:55|Permalink

2019年07月21日

現行モデルのTUMIの持ち手の評判がいまいちらしい。 旧モデルへ仕様変更するぞ篇

ぞくぞくと集まる現行モデルのTUMI、TUMI、TUMI…
持ち手の状態は新品同様のものから原型をとどめないものまで
すべて持ち手の交換でやってきています。
190531026
190531028
TUMIのホームページを見てみると、ブリーフのカテゴリーも持ち手は
ほぼこのパターンの持ち手になっています。
お客様曰く、「改悪ですね…」と。

この持ち手、なにがそんなに評判が悪いのか…
それは今までのナイロンベルトに革を巻いている仕様ではなく
芯材にスポンジを用いた仕様にしてしまっている事でしょう。

これが一般的なトートバックであればそんなに問題にはならないのでしょうが
TUMIの鞄は鞄自体がなんでそんなに重いの?なにか荷物を出し忘れていない?
と思いたくなる程重いのです、ナイロンなのに。
(コンパクトタイプはそんなに重くないのですが)

その重い鞄にパソコンや書類やらがわんさか収納された場合には
相当な重量になります。
小学生のランドセルが重い問題に匹敵します。
課長、荷物置いてっていいですか状態です。

190531027
そんな重い鞄の持ち手の芯材がスポンジというのはいただけないですね。
メーカーであればその結果がどうなるかは重々承知のはずなんでしょうけど…。
これは悪く考えれば早めに痛むようにして買い替えさせよう作戦では…
とも勘ぐりたくもなります事案です。

余談ですが今はなきYAKUMOという国産の工業用ミシンメーカーが
あったのですが、ミシンが壊れないので買い替えが起こらずに
結果、会社が潰れてしまったという噂を耳にした事があります。
(JUKI社に買収されたようですが)

わたしも上下ミシンの古いYAKUMOを一台所有していますが、
(中古で購入したので定かではありませんが40年以上前のミシン)
壊れないのは消費者にすればとてもありがたいのですが、
メーカーとしてはそれでは厳しいのでしょう。

ちなみに工業ミシンなので家電のように毎年新機能が付いてバージョンアップ
なんていうのはないので、一度購入し酷く壊れなければ(まず壊れない)
余裕で数十年使えてしまうのです。
使わずに押し入れに眠っているSINGER社の八方ミシンは
100年くらい前のものですが、メンテすれば今でも使えますし。

190531029
スポンジ芯ですと柔らかいので画像のように持ち方によっては外側の持ち手が
ひねられて伸ばされ左右で太さが違ってしまう程、変形してしまう始末です。
190531030
そこでそんな改悪されてしまった持ち手の仕様を旧モデル仕様へと
仕様変更するのが今回のお題となります。

旧モデルはナイロンベルトに革が巻かれた仕様になります。
付根の革の形状がラウンドだったり三角だったりといくつかありますが
TUMIと云えば三角モデルが定番なので仕様変更モデルは
三角デザインにしています。

190531035
190531036
旧モデルの革の交換補修の際は、鞄に持ち手がくっ付いている状態で革の部分を
交換してミシンを掛けるので、鞄の重さがしんどいですが
今回は持ち手は別で製作して本体に後で組み込む事が出来ますので多少は楽です。
最終的には鞄に組んで縫製するのですが。
190531038190531040
ナイロンベルトと革の間にも補強で芯材を挟み込んで耐久性を保たせてあります。
革はタンニン鞣しを使用していますので使い込む程にエイジングする次第です。

************************************
AFTER
もともと持ち手が組まれていたカン(連結パーツ)にナイロンベルトを
通して縫製してあります。
カンに通す部分のナイロンは二重に重ねて重い重量に
耐えられるように工夫しています。
190531006190531002190531003190531004
カンに通す持ち手の仕様としては下の画像のTUMIモデルと同じになります。
すでに持ち手の仕様の一つとして存在するTUMIのモデルと同じになるので
交換した感はなく、そういうモデルもあるんだろうな的な仕上がりです。
_K7_2890
比べて頂いてもオリジナルと遜色ない仕上がりになっているかと思います。
それもそのはず、革の形状や設定も旧モデルを型採りして製作していますので
同じになります。(画像のモデルも革の部分は交換致しました)
持ち手の長さは、35cmや40cmなどモデルによりまちまちですので
それぞれに合わせて製作致します。
190531005
TUMIのナイロンは防弾チョッキにも使われているという素材なので
一般的なナイロン素材に比べるとかなり丈夫なので、持ち手だけ
補修してしまえば安心して長く使い続けられると思います。

革の部分は定期的にレザーローションなどで汚れを落として
保湿を行なって頂ければ、擦り切れや色褪せなどの予防にもなりますので
適時行なって頂ければと思います。
革は痛んでからお手入れしても原状回復は難しいので、肝心なのは使い始めから
定期的にお手入れする事が重要となります。

[サフィール] ユニバーサルレザーローション 150ml 汚れ落とし 保湿 ツヤ 靴磨き バッグ 無色 レザー クリーム 9550904002 (Free)


店頭でも1.500円で販売しております。

TUMI補修費用などはこちらから
TUMIリンクロゴ




ampersandand at 22:51|Permalink

2019年04月30日

平成最後のロンシャン角擦れ特集 令和でも擦れてしまうのだろうな篇

以下ブログ掲載のロンシャン修繕事例の掲載画像は古い事例になります。
現在使用している革は変更になっております。

最新の補修事例はインスタグラムをご参考にされてください。
こちらは随時最新の補修事例を掲載しております。2020.2月追記。
使用している革はシリーズにより異なりますが、
それぞれより雰囲気の似ている革を使用しております。

インスタグラムrogo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

190423027

平成ではいくつのロンシャン プリアージュを治したのだろうか…。

当店に一番始めにご依頼頂いたプリアージュは今でもよく覚えています。
というのは、よく電車で角が擦れているプリアージュを毎日見ていたので
誰かしら「この擦れた角、どうにかならないかしら…」
と、思うだろうなと思っていた矢先、これ直せますかとご依頼頂いたので。

すでにペンが落ちるくらい穴が開いたものから、
ビニールがかかった新品のものまで色々。
旦那さんから名前入りでオーダーしたものをプレゼントされたけど
角が擦れるのが怖くて使えていなかったという方もいらっしゃいましたね。

軽くて折り畳めるという事で使い勝手が良く、使い道に合わせて
S・M・L・XLとサイズ違いで揃えたり、持ち手の長さ違いで揃えたりと
2個、3個と、一番多くて5個まとめてご依頼頂いた方もいらっしゃいました。

エッフェル塔のナイロンシリーズ
ロンシャン430041ロンシャン430038
ロンシャン430040
付根の補強も出来ます。
ロンシャン430042
190423018190423019

ロンシャンを使われている方というのは、角がすぐに擦れてしまうということを
体験済みですので、当店でロンシャンの角擦れ補強が出来るという事を知って
現在使われて穴が開いたロンシャンと、新しく購入された新品とをまとめて
ご依頼頂くパターンが多かったと思います。
ちなみに穴が開いていても新品の状態でも仕上がり具合に違いありませんので。

猫も二匹保護しました。
お姉さんと妹さんの猫ロンシャン。
それぞれが知らずに購入されて使われていたとか、シンクロ猫です。
ロンシャン430054ロンシャン430057
四隅の補修はサイズが小さいロンシャンほど難しいです。
というのも、そもそもすでに袋状の鞄の状態から四隅に革のパーツをぐるっと
縫製するので、皺がでないように少しずつ回しながら縫っていきます。
ですので鞄が小さいと回転させる時に内部の空間が狭く
ミシンの腕にひっかかり易く、その都度鞄を少しずつずらしては
回転させて縫ってを繰り返します。

逆に大きなLサイズのロンシャンですと、たるんだナイロン生地や
革の持ち手がだらんだらんして回転を邪魔して鬱陶しかったりもします。
Mサイズが補修には一番やさしいサイズでしょうか。

といってもいずれの場合もミシンもダダダと電動で縫える部分ではないので
一針一針手回しでミシン針を動かし縫製しています。
ロンシャン430033

ナイロン生地ですと擦れたら擦れっぱなしで痛んでいくのみですが
革で補強する事で擦れに強くなりますし、擦れても保湿を行なう事で
現状維持が可能な素材となります。
長持ちさせるには、定期的にレザーローションで保湿を行なって頂くと
色褪せも擦れ予防にもなります。

ロンシャンでは定期的に?カスタムオーダーできるようです。
名前や柄の刺繍を入れられたり、ナイロンの色をコンビにできたりと。
そして当店では常時、角のカスタム補強を承っております。
名入れにコンビ仕様で角カスタム、
これはきっと世界で一つのロンシャンでしょう。
190423020190423014
ロンシャン430030ロンシャン430028ロンシャン430027

こちらはロンシャン プリアージュのクラブシリーズ。
馬の刺繍がポイントで、刺繍の色と革の断面が同じ色に染められています。
使い易い色なのか、このガンメタリックのご依頼が多いですね。
角補強のパーツ断面も同様に刺繍の色に合わせてそれぞれ
染めて仕上げています。革の色によっては断面の発色が綺麗にでないので
白で染めて下地を作ってから色を染める場合もあります。
190423006190423007
ロンシャン430060
最近めずらしくビルベリーカラーのご依頼がありました。
ただこの濃い紫色の革のご用意がなく、色々と問屋さんを探しました。
クラブシリーズとネオシリーズはナイロンシリーズのブラウンのみと異なり
革の色が本体と同じなので、すべての色をご用意出来る訳ではないので
色についてはご依頼の際にご相談させてください。
ロンシャン430014ロンシャン430015ロンシャン430001ロンシャン430002ロンシャン430004
こちらはベーシックなナイロンシリーズ。
平成のご依頼で一番多い色はネイビー系だったかなと思います。
次にむらさき色という感じでしたでしょうか。
2019-03-430-031
190423024190423010
四隅の補強パーツは、本体の縫い割り位置に合わせて補強パーツも
縫製しているので後付け感はなく、もともとついている感じに仕上ります。
190423011
190423009
1904230022019-03-430-025
ご依頼数が多いので補強パーツを量産体制に。(といっても私一人なのですが)
裁断してコバを染めて縫い割りして、もくもくとパーツを積上げていきます。

ロンシャン430049ロンシャン430050ロンシャン430048
0430

ネオシリーズに取り付けられているストラップが長い場合は短く加工できます。
こちらは10cmカットしたストラップ。
付根のパーツをばらして長さをカットして元の縫い目に縫製なので
見栄えは変わらず仕上ります。
190423017190423000

明日から令和となりますが、令和元年も引き続き当店を
ご愛顧頂ければ有り難いと思う次第でございます。
店主

ロンシャンHPリンク


ampersandand at 23:21|Permalink

2019年04月19日

現行モデルより旧モデルが…。 TUMI 持ち手交換 ALPHA篇

現行品のこちらのモデルは、芯材にはスポンジが使われていますので
鞄自体が重いで有名なTUMIの鞄ですと、その重さに耐えられないのか
旧モデルの持ち手よりへたりが早いようです。

こちらが現行品の持ち手
TUMI430013
同じ形状での交換ももちろん可能です。
現行モデルの交換記事はこちら
その場合は同様に芯材にスポンジを使用しておりますが、
革の強度や芯材の使い方などでなるべくオリジナルよりは強度があがるように
製作しておりますが…どうでしょうか。

旧モデルのようにナイロンに革を巻いた方がやはり強度や革の伸び難さでは
軍配があがると思います。
また現行モデル形状での製作費用は結構掛かります、手間が掛かりますので。

今回は現行モデルから旧モデルへ仕様変更のご案内になります。
こんな感じで現行モデルはスポンジが芯材となっていて
スポンジを革で巻いています。
TUMI430012
スポンジ自体も伸びますし、革も延びるのでへたり易いのかもしれません。
また柔らかい分、持った時にスポンジが潰れて巻いている革にたるみが生じ
そのたるみの皺が徐々に手で擦れる要因となっている可能性があります。

このモデルは、本体付属の金具に持ち手が直に取り付けられていますので
持ち手をそっくり交換になります。
TUMI430025
まずは持ち手部分の製作。
旧モデル同様にナイロンのベルトに革を巻いて縫製します。

製作に使用している革は、タンニン鞣しのオイルレザーを使用しております。
持ち込まれるTUMI修理品で多くみられる乾燥による擦り切れには
オイルレザーが擦り切れ予防に効果的かと思います。
革の質もオリジナルよりよいのではないかと思います。
TUMI430011
持ち手の長さはそれぞれ依頼品と同じ設定で製作致します。
現行品はロング、ミドル、ショートと3タイプ長さがあるようです。

当初、ミドルの長さはもともとショートが伸びたものか?
と思っていたのですが、それにしては伸び過ぎだなというのと
TUMI現行品の修理数が増えるにつれて、現行品の持ち手の長さのビックデータが
収集された結果、3タイプ長さがあるのでは?という見解に落ち着いています。

巻革の形状は旧モデルのTUMIのオリジナルで使用されているものから
型採りしておりますので雰囲気は合っていると思います。

AFTER
現行品から旧モデル(三角タイプ)へ仕様変更事例
どうでしょうか、旧モデル正規品と比べ遜色がないかと思います。
画像の持ち手は一番短いショートタイプになります。
TUMI430008
TUMI430010

こんな感じで仕様変更されても、オリジナル同様の持ち手に
変更されますので違和感が無く仕上ります。
現行品を使われていて、痛みが早いなと思われる方は
旧モデルへの仕様変更がお勧めであります。

TUMI補修費用などはこちら
TUMIブログリンクアイコン

ampersandand at 18:22|Permalink