リュック

2020年09月10日

TUMIのリュックは壊れやすいのか? らしく篇

気づけば2ヶ月ぶりの補修記事になりますが、サボっていた訳でも
ネタがない訳でもなく、コロナの影響か郵送でのご依頼が増加し
その場合、メールでのお見積もりやご相談になるので、その回答に
時間を取られてしまいなかなかブログ更新できないというのが
今の現状であります。

ただ店頭もなかなかお店も開けず、ブログも更新していないと
コロナ禍ということもあり閉店したんじゃないかと思われてしまうので
生存証明としてブログは更新していかないとと、この度
筆をとった次第であります。

で、書きやすいTUMIの話からで筆慣らしをしていこうかと。
20200909104
TUMIのリュックはナイロン生地部分が裂けるというお問い合わせが多いですね。
定番のブリーフ鞄の場合はナイロン生地が裂けるという補修は
今までにあったかどうかという感じです。
ブリーフの場合は持ち手の革が痛んだりショルダーストラップの引っ掛ける
金具を固定している革が裂けたり、底部分の角が擦れたりと経年劣化によるもので
致し方ない痛み方なのですが、リュックに関してはそもそもの設定や仕様や縫製が
それで本当にいいのでしょうか?という場合が多いいです。

今回はストラップ付け根のナイロン生地の裂けになります。
20200909107
2020090910520200909106
一般的なリュックでもこのストラップの付け根というのは
一番痛いやすい部分になります。(次にファスナーです)
痛みやすい原因としては片側のストラップだけで背負ったり、
荷物を取り出すときに片側で背負ったり手に持ったりすることが
しばしばあると思います。

そうすると付け根の縫製部分に鞄の荷物の負荷が全てかかってしまうので
縫製部分やナイロン生地が裂けてしまうという訳です。
今回のナイロン生地のほつれ具合を見てみるとストラップ側のナイロン生地は
ほつれておらず、付け根本体側の生地がほつれてきています。
恐らくストラップで本体の生地が引っ張られ、しかし縫い目の方が
強いのでナイロンが引き裂かれてしまったのだろうと思います。

縫い目の方が強いというのは洋服などを縫製する糸は綿の糸ですが
一般的な革製品やナイロン製品などを縫製する糸はポリエステル素材の
糸でできています。
なので細い糸でも両手で引っ張っても切れないくらい強いので
糸がほつれる前に縫製されている素材の方が縫い目で引き裂かれてしまう
ということがしばしばあります。

ナイロン生地が裂けてしまうと、ほつれは取り留めもなく
するすると広がってしまいます。
革のように裂け部分を貼り合わせて縫製してなどということはできません。
ではどのように治すかですが・・・。
部位によっては強度不足の不安だったり縫製が不可だったりで
治せない場合もあるのですが今回は大丈夫です。

まずストラップの付け根部分で負荷がかかる部位を手縫いにて確実に
本体のベース部分に縫い付けます。
20200909102
次にボサボサとほつれているナイロン生地を処理していきます。
20200909103
デニムの膝が擦り切れたりした場合に、当て布をしてステッチを細かく
掛けているのを見たことがあると思いますが、そんな感じでボサボサ部分を
抑えるようにミシンでジグザグと縫製しつつ、またこれで縫製部分が
硬くなるので強度も増します。
ジグザグといっても家庭用のコンピューターミシンのように自動で縫ってくれる
わけでもないので一目一目抑えの方向を変えつつ縫っていきます。
20200909101
話が前後しますがこのリュック背中部分に小さなポケットがあります。
両側のストラップの半分から半分までの範囲が本体から浮きます。
今回補修の際にこの部分のポケットが縫い付けられてしまうので
使えなくなりますが?とお尋ねしたところ、
使っていないので大丈夫ですということになっています。

で、ジグザグに縫製する際に本体共々縫製するには1.0cmぐらいの厚みが
あるのでジグザグに縫うには恐らく糸調子が狂ってしまうだろうし、
内装側の見た目も綺麗じゃないのでこのポケット部分を浮かせて縫製しています。

お店によってはナイロンのほつれ補修でこのジグザグの縫製で
修理完了したことになるようですが、ちょっとそれでは見栄えも強度も心配です。

ではどうするかですが、ちょうど背中の部分でナイロンパーツが
分かれているのでこの部分に革を当ててらしくしていきます。
この「らしく」というのが当店のこだわりかもしれません。
今回のように元のオリジナル通りには修理できないのであれば
それらしく仕上がるように努めます。
知らない人が見ればもともとそうなんでしょ?という感じになるように。
20200909108
このパーツは先ほどの背中のポケットを浮かせて縫製できないので
本体共々貫通して縫製していきますが、厚みが1.0cmありスポンジも背中面に
入っているのでなかなか縫製するのも一苦労です。
AFTER
黒い革部分が補強兼、ジグザグ縫いの目隠しパーツになります。
20200909112
20200909113
ほつれてボサボサになっていた部分のジグザグ縫いも隠れて
どうでしょうか、「らしく」ないでしょうか?
2020090911120200909110
内装側には貫通した縫い目が出てきます。
20200909109
リュックの背中面やストラップの内側に使われてるメッシュ生地、
これもどう見ても耐久性があるように見えませんが、やはり擦り切れて
補修依頼が時々ありますが、まず補修が無理な場合がほとんどです。
見栄えや内装側への縫い目などを気にしなければ
どうにかなるかもしれませんが。

リュックを背負うときにはあまりストラップを片側で扱うようなことが
ないようにお気をつけください。

ampersandand at 11:30|Permalink

2019年04月03日

リュックの快適さ。 TUMIカスタム篇。

3.11以降、リュックでの通勤が増えているという記事を
読んだ事がありますが、災害時もそうですが日常でも
両手がフリーというのは楽です。

なにより片手で持つより背負った場合の方が
荷物が圧倒的に軽く感じますし。
ショルダーでもいいのですが、やはり両肩で荷重を
分散させてほうが身体にもよいようです。

斜め掛け、または肩掛けで片側に加重が日常的に
加わり続けると身体が歪んでしまうようですのでお気をつけ下さい。
一日違いで左右で持ち替えると少しはよいのかもしれません。

今回のご依頼品は女性の方。
女性の方がTUMIの鞄を使われるのは多くはないかと思います。
なにせ鞄自体が重いので。
で今回もショルダーで使われていたのですが、
それでも荷物が入ると重い、という事でリュックでも使えるように
できないかとご相談。
2019-03-430-017
取り外し可能なストラップがご希望。
取り外しできるショルダーとしっかりしたハンドルが付いているので
それにリュック仕様が追加され、2WAYから3WAYになります。
2019-03-430-018
リョックに仕様変更と云うお問い合わせはしばしばありますが
その際には一度試されてください。
ビニール紐などを洗濯バサミでストラップのように固定してみて、
または相方に指で押さえてもらって実際にストラップを取り付けた状態を。

例えば鞄の寸法が縦より横のサイズが長い場合は、
リュックにしてしまうとバランスがおかしい事にお気づきになると思います。
なので、ビジネスでも使用する紳士鞄でリュックタイプというのは、
手に持つ時は横で、リュックの時には縦にして背負う設定なっています。

横長ではなく縦長にして、なのでリュック時にはハンドルが
サイドにぶらんぶらんしています。
あれ、収まるようにはじめからデザインすればいいのにな、と
見かけると思っています。

横の鞄を縦にして使うにあたり、ファスナーの開閉の向きであったり
ポケットの仕様であったりが工夫されています、
縦(リュック)にした時にモノが落ちないように。

なのでなんでもかんでもリュックと云うわけにはいきませんので
ご相談前に一度ご確認頂ければと思います。
2019-03-430-019
それとリュックにする時にはストラップを取り付ける本体部分の
強度も重要になります。
ストラップの付根部分には加重が加わりますので、
縫製した際に土台の生地がしっかりしていないと
裂けてきてしまう場合もあります。
その場合は周辺に補強を施したりとデザインに影響がでてしまう事も。

今回も、はじめは本体にも部分的に補強の革宛てを検討しておりましたが、
ぐるりと縁取り部分がありましたのでそこに引っ掛ける
パーツを取り付ける事に。
縁取り部分は何重にも素材が重なり縫製されていて硬い部分なので、
強度的に申し分ありませんし、鞄のデザインにも影響が少なくて済みます。

今回のリュック仕様変更に必要なパーツは、
ストラップ38mm・2本
ストラップ25mm・2本
引っ掛け金具・3個
長さ調整パーツ・2個
Dカンパーツ・3個
になります。

始めは左右のストラップは、ばらばらの仕様で考えておりましたが、
その場合、引っ掛け金具は上下二箇所で計四箇所付くことになり
なんだか重々しいし、金具がジャラジャラ多すぎる感じが。

また取り外した際には左右でバラバラになってしまい、
仕舞ったり取り出したりする際に面倒では…と思いまして
上部の付根部分は連結して一つにまとめる仕様に致しました。
2019-03-430-020

完成
付根はこんな感じで一つにまとめてみました。
2018-000
意外と悩んだのが付根部分のベルトの開き具合。
どのくらいの角度に設定したほうが背負った時に
自然になるのだろうか…。

行きと帰りの通勤中にリュックの人を観察して開き具合を決めてみました。
この角度で問題ないようです。
2018-0012018-002
金具はTUMIオリジナル金具同様に艶消しのマットブラック。
マットなブラック金具はかっこいいですね。
2018-0052018-003
それとハンドル部分がぶらんぶらんしてしまうので
まとめパーツも取付け。
この留め金具のみ、マットブラックがなくてシルバーに…残念。
2018-004
ストラップを使わないときは三箇所に
引っ掛けるDカンが残るだけですのでデザイン的にも
大掛かりにならずミニマムにまとまったかと思います。

今回の作業で一番難しかったのは、縁取り部分に
三箇所Dカンを取り付ける作業。
何重にもナイロン素材が重なっているので厚みがあり、
また厚みも端とでは均一ではないので、縫製の際に針が入るところと
でるところがずれるので、裏面の縫い目が少し歪んでしまいます。

接着で仮固定しても縫製の際にずれてきてしまうので
一旦、手縫いで仮縫いしてからミシンで縫製するという
なかなか手強い縫製となりました。

わたしも数年前からリュック派になりましたが、
使用しているリュックは、恐らく20年前に購入したもので
一年間くらい使用して、そのまま押し入れの奥に追いやられていた
吉田鞄のナイロン素材のもの。

今の私には使い勝手が悪い仕様なので、
今の自分の荷物に合う
リュックを作りたいなと思う、今日この頃…。

ampersandand at 14:31|Permalink

2018年10月30日

ショルダーバックをリュックにカスタマイズ篇

ときどきトートバックやショルダーバックをリュックでも
使えるようにカスタマイズできないかとお問い合わせ頂きますが
仕様や費用面などで折り合いがつかず、なかなかご成約には
至らない事が多いのですが、
今回は紆余曲折ありましたが、なんとかご希望の感じに仕上げる事が
できましたのでご紹介させて頂きます。

BEFORE
181017blog73181017blog72181017blog74

A4サイズぐらいでマチが5.0cm程度の薄い紙袋のようなショルダー鞄。
(実際に素材は紙を加工したものらしいのですが)
上部についているストラップを外してリュック仕様にできないかと
ご依頼頂きました。

いわゆるリュックサックのようなスポンジ入りの
ストラップがご希望とのこと。
参考になる商品の画像を添付して頂き、実際に今使われている
リュックのストラップの長さを計測して頂きました(郵送依頼)。

181017blog70181017blog71
リュックのストラップの取付けに都合のいいように
背面上部にはナイロンベルトが縫い付けられております。
すでに取り付けられているショルダーストラップを取り外し
その部分にリュックのストラップを取り付けます。

肩当部分には太いベルを使用する予定でしたが
カーキ色はあまり需要がないようで太いサイズの展開がなく
丁度在庫でストックしていた倉敷帆布を使用して製作する事にしました。
181017blog67181017blog66
鞄自体はボリュームのあるものではないので、ストラップはあまりごつく
ならないように、5.0mmのスポンジを帆布で包む事にしました。
181017blog65
鞄に縫い付けられる部分にはナイロンを挟んで補強しておきます。
帆布は折り込んで尚かつ両面重なるので強度は充分かと思いますが
念の為の補強です。

リュックの修繕で多い事象はこの上部の付根部分になりますので。
生地が避けてきたり、縫製が解れてきたりと。
このあたりは修理業務で得た知見を製作に活かしています。
181017blog64
181017blog63
今回の製作で一番心配だったのが、スポンジ入りの肩当パーツに
ナイロンベルトパーツを合わせてクロスに縫製する部分でした。

8号帆布生地2枚/スポンジ5.0mm/ナイロンベルト3重
これだけ重なっている部分で、尚かつ間にスポンジが入っていますので
縫製の際にはスポンジが沈んでいきますので、
糸調子が狂っちゃうよなーと心配でした。
リュック003

本番を縫製する際には同じ条件の重なりパーツを用意して
試しに縫製し問題が無い事を確認してから縫製致しました。

新規での製作ですとこんな感じで、形状の試作サンプルはもちろん
糸調子や縫製可能位置かどうかなど、部分的に試作確認する必要が
ありますので手間もかかりそれなりに費用がかかります。

いちいちの試作は手間ですが、綺麗に仕上るかどうかは
このような見えない手間が重要となります。
AFTER
リュック01リュック02リュック00

ご郵送後
「気に入って家の中で背負っていたら、息子にいつまで背負ってるのと
 笑われてしまいました 」

とのこと。
通常は息子がランドセルを背負って…という感じですが
喜んで頂けたようでよかったです。

リュックにする場合は、製作の可否や費用などは本体の形状が
大いに関係してきますので、どれでもできるという訳ではありません。

今回も下側の本体取り付けベルト部分については
マチが狭くミシンが届かない為、ビスにて固定しています。
最終的な可否は現物判断になると思います。

ここ数年、冬場以外はリュック生活を送っています。
両手があくのでいいのです。
使っているのは15年くらい前に購入した吉田鞄ですが
やはり私の職業柄、知人にそれ作ったの?といわれる事があります。

知人に気まずい思いをさせない為にも、
リュックを作ろうかな…と思う今日この頃…。

ampersandand at 19:13|Permalink

2018年07月04日

続 • TUMI 祭り 黒い悪魔とリュック篇

残念ながら赤い悪魔のベルギーに負けてしまったサムライブルー…。
録画したのでまだ観てはいないのですが、ロスタイムでって…くぅ〜。
ブラジルとベスト8とで戦って西野監督が再び勝ってしまうという
マイアミの奇跡は、奇跡ではなかった的なストーリーを考えていたのですが。

ではここからは、黒い悪魔と私との絶対に負けられない戦い篇となります。
TUMIをお使いの方なら誰しも一度は戦った事がある黒い悪魔…。
それはじわじわと攻撃を仕掛けてくる、そう、あれです…。

それは合皮、劣化した合皮が粉となって
ロスタイムに次から次へと波状攻撃を仕掛けてくるのでした…。

「あれなんか汚れているよ背中…」

なんて同僚に指摘されたりするのでしょうか、
はたまた帰宅後にジャケットを脱いでみると、
0703

「なんじゃこりゃ」と、

松田優作バリの「なんじゃこりゃ」を吐いたりしたのでしょうか。

今回のご依頼品はTUMIのリュック。
何処を治すかというと、ストラップの裏地部分。
ストラップの裏地部分にわざわざそこだけ合皮が使われているんです。
「なんじゃこりゃ」ですよね、わざわざ身体と直接触れる部分で
湿気を帯びやすいところに合皮を用いるのなんて。
でもTUMIにしたらこれはいつもの仕様なんです。
ビジネス鞄のモデルでも、付属のストラップの肩当ては何故か裏面が合皮。
180609014180609015
肩当てならその部分だけ合皮を剥がして革に交換してしまえば
容易く交換できるのですが、リュックのストラップとなると…
ストラップの下側はメッシュのナイロン生地なので
そのまま上側もメッシュにしとけばいいじゃんかと。

そこを謎のこだわりで合皮を使いたがるTUMI。
そのこだわりを変えないが為に、修理と称してしばしば当店を
ご利用頂けているという利益相反な文章になってしまうのですが…。
1806012023
180609017
180609016
180609-0007
表面はいつものように革を使っています。
しかもわざわざ斜めに切り返しをいれている。

さぁどうしたものか…。
普通に考えたらストラップを外して新しいものに差し替えるという方法と
合皮部分の面に革で覆ってしまうと云う感じでしょうか。

ちなみに合皮部分だけを外して交換というには、
このストラップはわざわざ、革と革とナイロンメッシュと合皮の
四パーツを斜めに切り返しで縫い合わせてあるので、これを一度分解して
再度、縫製し直すというのは現実的ではありません。

そしてそれを行うには、ストラップを本体から分離しなければ
ならないのですが、本体の部分にファスナーやら蓋のパーツやら
側面パーツ、胴パーツなどと一緒くたに縫い合わせられているので
この部分を分解するのもちょっと現実的ではないかなと。
180609-0004
「現実的ではない」というのはできないという事ではなく、
やってやれない事はないが、分解、組み立て費用のほうが
掛かってしまったり、また素材的に再縫製すると解れやすい
同じ位置で縫製できない可能性があるなど、
補修部位以外のことで費用や問題がでてしまうという状態になります。

お客さまとどうしましょうかね〜なんてお話ししておりましたら
お客さまが、カバーみたいなものをつけられないかと。
始めは、合皮部分にくるっと革のカバーで巻いて、ホックボタンで
固定という感じから、それでは靴下のように革のカバーをストラップに
通す感じでということで話が盛り上がり、その方向で進める事に。

しかし盛り上がったはいいが、実際に不定形のストラップに
ぴったりと靴下を履かせられるのだろうか…
と、お客様が帰られてから、やや心配になる店主なのでした…。
180609-0009180609-0010
そういう時は、頭で考えていても私の右脳では処理能力の限界があるので
アナログに手を動かしてみるのが結局は手っ取り早いですね。
ストラップの型採りを行って裁断型をつくり、
試作用に革でまずはあたりをつけようかと。
180609-0011180609-0012
水色のリザード型押しの革なので、使い道がないので試作用になっています。
縫い割り縫製したら、くるっと脱いだ靴下を戻すように裏表反転。
断面が電話のマークみたいです。
それでは恐る恐る通してみます…
180609019
180609020
180609021180609022180609023

どんぴしゃなんですねぇ。by じゅんいちダビッドソン。

三回くらい試作しないと合わないだろうなと思っていましたが
わたしもそれなりに腕が上がっているようです。

長さも筒径もジャストなんですねぇ。
筒の太さが変化して尚かつうねうねしているので、ちょっとこの方法は
無理かも(お客様には駄目な場合もあるということで)と思っていたのですが、
やってみると、

どんぴしゃなんですねぇ。

では本番なんですねぇ。
試作より本番の革の方が0.6ミリ厚いので、黒革を同じ厚みに
漉き機で漉いていきます。

0.6mmでも直径にすると、左右で合計1.2mmになるので
直径×3.14だと、4.0m弱円周が増える事になってしまうので
ぶかぶかになってしまいます。
実際は内寸になるので問題ないかもしれませんが、
作り直しは嫌なので、試作と同じ設定で。
1806012018
18060120151806012013180601201418060120121806012011
この抑えの金具と下で回っているドラムの刃の隙間を通ると
その隙間の分だけ革が薄く漉かれていきます。
あまりこのぐらいの大きな革をこの漉き機では漉かないのです。
通常は、革と革が合わさる10mm幅だったりとか端の部分を漉くのが
メインな機械ですねぇ。
18060120191806012024
試作と同様に革の靴下を履かせていきます。
1806012020
根本まで通したらあとは縫製して固定になります。
固定は付根部分で通常とおり横にたたたと縫い目をいれて
しまおうと思ったのですが、リュックのストラップの付根部分は
一番負荷が掛かりやすい部分となります。

荷物の重量もありますが、荷物を取り出そうと片側で背負ったり、
背負う際にもう片側をぐっとひっぱられたりなど。

ですのでリュックの付根部分でストラップが裂けてきて
修理ということもしばしばあります。
(修理は構造的に難しい場合もあるのですが)
1806012025
ですので、その付近に新たに縫い目を入れてしまうのがちょっと怖い。
縫うと云っても、針で穴をあけて貫通させている訳なので
見方を変えれば切り取り線みたいなものです。

なのでしばしば鞄のストラップの根革や、持ち手の付根部分の
縫い目で負荷に耐えられずに革が裂けてしまうということを
実際に経験されていらっしゃる方もおいでかと思います。

ですので、あとあとの包まれたストラップのメンテナンスが
必要になった場合のことや、それらの縫い目の負荷も考慮し、
根本とエンド部分にはステッチをワンポイントで入れる事で
固定する方法に致しました。
結局、この革の靴下が下がってこなければいいだけなので。

こういった靴下を履かせるようなお初の補修事例は、
これまでデータがないので、何が良いのかが
その他の経験値から判断して決めていくしかありません。

ですので、通常とおりに付根に横一列縫製してしまっても
問題ないのかもしれませんが、ここは後々問題が起こったとしても
挽回ができる仕様で補修しておく事がベターなんですねぇ。

AFTER
1806013005
背負って持ち上がると、後付け感がでないように
付根が本体に入り込んで見えるようになります。
1806013004
180601300218060130011806013000
薄々お気づきかもしれませんが、途中から語尾が
じゅんいちダビットソン風になっていたんですねぇ。
ワールドカップウィークなのに、あまりTVで見かけない
じゅんいちダビットソン。

本田選手も代表引退ということなので、ダビットソンはこの先
大丈夫なんでしょうかねぇ…と思う今日この頃。
0703-5

関連記事
TUIMI 祭り(トゥミフェス) 2018 梅雨明篇はこちら。

HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 21:23|Permalink