丈詰め

2020年05月25日

ズボンのシルエットを綺麗に見せるには。ブーツのシャフト詰篇

この修理はそんなに頻繁にご依頼があるわけではないのですが
年に何回かご依頼いただくブーツのシャフト詰め。
シャフトというのは筒の部分になるのですが、靴のサイズは選べても
シャフトのサイズ(太さ)までは選べませんので必要になる場合が
あるようです。

しかも今回のようにサイズというよりは履きこなし方によって
補正が必要になる場合も多く、というかこの丈の場合はそれが主な理由ですが。
細身のズボンで履く場合にシャフトが太いとズボンのシルエットが綺麗に
出なくなってしまうということ。
BEFORE
052420001
052420002
膝下がすっといきたいところが、シャフトが太いとブーツの履き口でズボンが
弛んでしまし、だぶついてすっと落ちてくれなくなります。
なので今回はシャフトを詰めて細くし、ズボンのシルエットを崩さないように
する補修になります。

ただシャフトを詰めるといっても単純に細くしてしまうと、そのシャフトに
繋がっている本体との距離の整合性が取れなくなってしまいます。
例えば、本体との合わさりめの周囲寸法が200mmなのに、シャフトを詰めて
周囲を180mmにして本体と接合すると、20mm本体側の距離が
余ってしまいます。

それでも出来なくはないのですが、シルエットが崩れたり新たなサイズ調整が
必要になる可能性があるなどリスクが高くなります(費用も高くなる)。
ですので今回は履き口が引っかからないようにすれば良いというお題でしたので
履き口に向かって細くなるように補正していきます。
052420004
ぱかっと。
詰める場合にどの程度詰めるか一番確実なのはブツ合わせなので
今回詰めるセンター部分をとりあえず裁断し、実際にこの状態で
履いていただいてどの程度寄せれば良いか確認。

だいたいトップで25mm詰めれば良い感じになりそうで、また寸法を変えない
本体接合部分におかしな皺も入らないようなのでGOですと。

今回はセンターで詰めましたが、ご依頼品はバックファスナーということもあり
バックでは詰められない、サイドで詰めるとなると両側で詰めないとセンターが
ずれてしまうの綺麗ではない、で今回はセンターでの補正となっています。
靴のデザインや補正具合によって詰める部分は靴それぞれで
違ってくるかと思います。

シャフトを分離。
今回は当初、シャフトを分離せず加工する予定でしたが、裏革は
シャフト部分に無く、またかかとに入っているカウンター(芯材)の影響も
受けていないようでしたのでシャフトを分離して加工することになりました。
分離できない場合は、詰める部分の縫製方法は今回とは異なってきます。
052420006-2
052420007052420008
この靴は履き口が斜めになっていますので、センターを詰めると
合わさりめの高さにずれが生じてしまいます。
で、高さも詰めて良いという事でしたので、オーソドックスな水平ラインに
修正します。ですので今回はシャフト詰めと丈詰めという内容です。
水平といっても直線でカットしてしまうと筒にした際には水平になりません。
青いラインのように緩やかな円弧を描くことで水平になります。
052420009
丈を詰める前にファスナーの処理を行います。
分解してエレメントを一つづつ摘んでカットし、テープの長さを修正し
またエンド処理を行います。

今回のようにすでに履きこまれた靴の丈詰めというのは難しいです。
履きジワが入っているので置いた状態でもすでに左右で高さが異なります。
伸ばしたところで伸ばし具合でも違ってしまいますし。

また今回は履き口のラインを水平に補正するのでより厄介です。
そもそもブーツの場合は新品でも左右で高さが異なっていることが多く
既製品で誤差は当たり前なのですが履きこまれると基準となる
ラインがどれも不確かな・・・。

こういう場合は左右でそれぞれ近似値を取るより、片側をカットしたパーツで
反対側も合わせるのがベターかと思います。
なのでカットした丈を反対側に載せてラインどりをしてカットします。
052420010
ようやくシャフト詰めです。
トップで25.0mm詰まるように傾斜をつけて約11.0mmずつカットします。
11.0mmだと左右合わせて22.0mmにしか詰まりませんが、
縫い割代で2.0mm(計4.0mm)ぐらい詰まるので片側11.0mmでカットになります。
052420011-2


カット面を縫い割。
縫い割部分はあとで革の帯で補強しておきます。
052420012052420013
これでシャフトが詰め終わりましたのであとは本体と接合していきます。
元の縫い穴を一つずつ拾い、ひと針ひと針と縫製していきます。
052420014
052420015
で、完成となります。
オリジナルは履き口部分の表側に革帯を当てて補強(デザイン)していましたが
革がタンニン鞣しの染料仕上げでしたので経年のエイジングで徐々に
色が変わっていきます。
ですので現在の色に合わせた色の近い革で同様の加工を行っても
後々に色の違いが出てきてしまうと思われるので、内側に革を当てて
補強を行ってあります。
AFTER
052420018052420020052420021

ampersandand at 18:18|Permalink

2019年12月14日

私の話は長い? 冬の丈詰め篇

1213
「俺の話は長い」
五話あたりから見始めた「俺の話は長い」、始めから見ればよかった…。

人が殺されるんでも難しいオペがあるんでも難解なトリックも無く、
特別な事は何も起きないのですが、なにかおかしみのあるドラマ。

どうだ、ホームドラマ!みたいなドラマは忘れた頃にありますが
肩に力が入っていて、だいたいつまらない。

俺の話は長い、はほとんど身内の会話劇だけで進んでいく。
縁側で、こたつで、台所で、居間で…。
なので人によってはつまらないな、と感じるだろうなとも。
そして主人公のへりくつも長いし説得力があるんだかないんだか。

と、そんな主人公を見ていて私の話も長い?と。
最近の記事は昔の記事に比べて2話分くらいになっているのは
気づいているのですが、どうも色々と気になって書いてしまう次第です。
なので今回はなるべく手短にまとめてみたいと思います。

BEFORE
121319002
ロングブーツは靴のサイズは選べても、筒の長さや太さは選べないので
女性は困るだろうなと。
ちょうど端っこが膝裏に当たって痛いとか、ちょい太さが足りないとか。

丈詰め依頼の4割ぐらいはニーハイブーツを通常の丈に詰める補修が多いです。
ニーハイブーツを履いた事がないので、どんな感じなのか分かりませんが
購入される時は慎重に検討されたほうが宜しいのかもしれません。

今回は5.0cmカット。
丈詰めの際のカットラインは基本的に現状のラインに平行して
トレースしカットしますが、ラインを変更する事も可能です。
121319007
ただそもそも左右で履き口のラインが若干異なっていたり、
左右で高さが5.0mmから10mmくらい誤差が生じて狂っている事もあります。

また履いてしまうと筒や足首部分に皺が寄るので、見た目の高さが
変わってしまいますので、何処を基準にすれば…となってしまうので
基本的には現状の履き口から均等に計測してラインを決めていきます。

121319004121319005
今回はこのぐらい丈が短くなります。
カット断面は革包丁でカットしたままではなく、綺麗に削ってラインを整えます。
切り口断面も毛羽立ちを抑える処理を行ない、革と同系色で染めます。
121319006
そして縫製。
このとき左手はヒールを持ってくるくると回しながら縫製していくのですが
ニーハイブーツなど丈が長い場合は、左腕を目一杯伸ばしてくるくるくる…
となります。

AFTER
121319001
121319000
丈詰めって映えないですね…
これだけ見ると修繕したのかどうか全く分かりませんね。

余談を書くとまた長くなりそうですが少しだけ。
121319003
このようなヒールの形状の靴はちょっと注意して履かれた方が
宜しいかと思います。
形状は踏まず側に繋がるような部分が無く、柱が付いているような形状。
*ヒールが低い場合は関係ありません。
このような形状ですと矢印側に負荷が掛かった場合に
付根部分で踏ん張ってくれる(点線部分)ところがないので
倒れ易く(ヒールが外れる)なっています。

イメージとしては梃の原理です、内側に倒れるような力が加わる事で
付根でヒールを固定しているネジや釘を引き抜くような動きになります。

また太さが細いと、靴の中底側から通常は釘5本とネジ1本で
ヒールは固定されていますが、それを打ち込めるスペースがないので
本数も少なくなっていますので余計に外れ易い構造になります。

ヒールが外れた際は再固定はできますが、このようなヒール形状の場合は
当店ではお断りさせて頂いております。
ヒール固定は確実に行なわないと、万が一再び外れてしまった際に
そこが階段であったりしたら大怪我になってしまう事もありますので。

ではなんで確実に再固定できないか説明しますと、
いつもの様に話が長くなってしまいますので今回は割愛させて頂きます。

ちなみにロングブーツでファスナーが無い靴もヒールの形状に関わらず
再固定はできません、打ち具が届きませんので。

こちらは珍しい筒の太さ詰め事例。
できるものとできないものがありますがご参考に。


ampersandand at 07:00|Permalink

2019年06月07日

馬に乗る前に丈を詰める。

ロングブーツは左右で丈の長さが異なっていたり筒の太さが
異なっているというのはしばしばあります。
革を組み立てる製甲という行程や、靴の形にする釣り込み、
ソールを取り付ける底付けという行程それぞれで誤差が
生じ易いからだと思います。
190531008
ただ乗馬ブーツのように、完全に足の形状に添って作られた
ブーツの場合はその誤差で履けなくなってしまう事もあります。
今回のご依頼品は、右足は入るけど左足が入らないと云う状態…。

入らないというか、筒の端が左足だけきゅっと窮屈になっているとのこと。
左右の誤差があるのか、または足の太さが違うという事も考えられますが
採寸してみると確かに左足の筒の太さが6.0mm程度端の部分で
窄まっている様子。
190531007
一般的なルーズフィットなブーツであればサイズに余裕があるので
このぐらいの誤差は影響ないのだろうと思いますが。

丈の長さも長いので丈を詰めればおのずと履き口は太くなるので
足が入るようになるのではないかとお客様。
5.0cmカットぐらいということなのでその部分で計測してみると
右足のカット前の位置の寸法よりは周囲が増えるので
寸法上は足が入りそうです。

ただ、靴はまだ新品のようでしたので不良品ということでお店に
云えば交換してくれるのでは?とお伝え致しましたが
防水スプレーを掛けてしまったのでダメですとお店に云われましたと。
しかもネットで購入されたということ…。
「防水スプレーを掛けた」と云わなければとも思ったのですが…。
正直者は損をしてしまうご時世かな…。

まずはカットライン引きます。
オリジナルの曲線ラインから均等に5.0cm下げたところにラインを描きます。
その際に筒の高さも左右で部分的に異なっていますので、
微妙に調整して辻褄を合わせますが、直線ではなく曲線ラインなので
そのラインの繋がりも崩さないようにします。
190531015
190531010
かかとの合わさり目の市革は一緒にカットせずに残しておいて
オリジナル通りに内側に折り込みます。
解いてみると芯材に樹脂の板が入れ込まれていました。
とういうことは、騎乗の際はこの部分はまったく曲がらないのだろうか?
かかとの部分も通常のブーツはアキレス腱の部分で靴がくびれていますが
乗馬ブーツの場合はふくらはぎから直線的な形状になっています。
乗馬に適した形状なのか、それとも製造上の制約でそのような形状なのか…。
190531009
革はごついワークブーツさながら3.5mm厚くらいあります。
曲線ラインなので途中で停まらずに、一発で裁断したほうが後々の処理が
楽ですしラインも綺麗に仕上るのでここは集中、集中…。
190531011190531012

筒はがっしりとしていて通常のブーツのようには抑えても平らな形状に
ならないので、曲面のままカットしていますが、
頭の片隅では嫌なイメージが…
革包丁が滑って…なんていう妄想を打ち消しながら慎重に慎重に。
190531013190531014
190531017
190531016
カットした断面はエッジが立っていますので面取りをして
断面も滑らかに削りコバを仕上げていきます。
断面はブラックで染めてもとの感じの見栄えになるに仕上げます。
最後にミシン掛け。
左手でくるくる回しながらカタカタカタ…。
190531018190531020190531019
完成です。
カット後の履き口の寸法を計測してみますと

右足 315mm→330mm
左足 309mm→325mm

カット後の周囲寸法が履けていた右足の315mm以上の寸法に
広がっているのでこれで足が入るようになりました。
結局左足の履き口部分が特に窮屈になっていたようですが
そもそも左足自体の筒寸法が右足より細く作られていたようです。

といっても靴は安物ではなくイングランド製のしっかりとした
ものなのですが…検品はしっかりしてほしいものです。
またはこの程度はOKと云う事なのでしょうか。
190531021
ご依頼主さんは年配の女性の方で老後に趣味が無いので最近
乗馬を始めたとの事。
観光地でときどき乗っていたのがきっかけだと。
なかなかそれで乗馬をチョイスするというのは凄いのですが。

何かを始めるのに遅すぎるという事はないのだな…
と思う今日この頃。

ampersandand at 19:36|Permalink

2019年05月18日

こんまりしても残ったブーツ。 パラブーツの丈詰め篇

「I need to KonMari」
アメリカでその名前が片付ける(断捨離する)という動詞として
使われているという近藤麻理恵さん。
片付けの方法は、それが「ときめくかときめかないか」
断捨離していくという。

ご来店のお客様は、こんまりメソッドを実践したわけではないのでしょうが、
持ち物を整理して履かない靴は知人に譲り、この靴も丈が長く
結局余り履いていないということで、どうしようか悩んだ結果、
丈詰めしてみたら履けるようになるのではないか、
ということでご来店頂きました。
2018-025

編み上げのブーツでよくあるパターンですが
今回のようなくるぶしより数センチ上まで隠れる高さですと
だいたい履き難さを感じ丈詰めされる方が多いです。
お勧めの高さはくるぶしがちょうど隠れる高さが履き易いと思います。
くるぶしが隠れて固定されると靴が安定し足と一体化した
感じの履き心地が味わえます。
(革がしっかりしている場合は馴染むまではそうではありませんが)
2018-026
今回も8ホールから6ホールに丈詰め。
5ホールか悩まれましたが、5ホールですと外側のくるぶしに
履き口断面がかかっている状態でしたので靴擦れが起こし易い
可能性がありました。

また引っ掛けホックも一個だけ残るという中途半端な感じも否めず、
またベロと繋がっている仕様でしたので5ホールにすると
ベロの連結部分も一部カットするなど仕上がりが複雑になってしまう
ということもあり5ホールに。
2018-027
くるぶし周辺でカットする場合の高さの目安として、くるぶしが完全に
でるか隠れるかどっちかに設定したほうが宜しいかと思います。
カット断面が中途半端にくるぶしと接すると擦れたり骨に当たったりして
痛みの原因になる場合がありますので。
2018-0282018-0292018-030
カットした部分の両端の角はオリジナルのように丸い形状にしたいところですが
フック金具との距離が近くなり過ぎて強度不足となりますし
裏面に繋がっているベロと干渉してしまうので丸めずに仕上げてあります。
2019-03-430-0002019-03-430-001
カットした断面は表面を削って整え、コバ処理を行いブラックに染めて
仕上げています。
そうしまして完成となります。
AFTER
2019-03-430-0092019-03-430-010
履き難くて余り履いていないということですが、すでに筒が外側にぐっと
押し出されてくるぶしの形に癖づき始めているので、
丈詰めして出番が多くなれば今後はより馴染んで履き易くなる事でしょう。
2019-03-430-012
2019-03-430-011
しっかりした作りだったり、革が硬めのブーツだと可動域の足首周りの革が
始めは硬く負担を感じる事があるかと思いますが、それがある程度
足に馴染んでくると逆にそのしっかりとした感じがホールド感を高めて
とても履き易くなります。

革靴全般に云えますが新車の車と同じでならし運転期間が必要かと思います。
靴が自分の足を記憶する時間が必要かと。

当店に持込まれるご依頼品の中にはそもそも構造的に問題があったり
素材の劣化が進んでいて修理には向いていないモノもあります。
そういった品は「修理はおすすめ致しません」とお伝え致しますが
それでもご依頼主さんは治してくださいと云います。

それはきっとなにかしら「ときめいた」品々なのだろうと思います。
モノであふれている現代で、捨てずに修理してでも使い続けたい
モノたちということですので。

当店では、
「I don't need to KonMari」
だな、と思う今日この頃…。

ampersandand at 20:03|Permalink

2018年03月07日

SARTORE 1.0cmのこだわり 丈詰め篇

今シーズンはブーツがあまりショップに並ばなかったというニュースを
見た気がしますが、ブーツの人気がないという訳ではなくて
ブーツをを履くようなコーディネートが今シーズンは流行らなかった
ということなのでしょうか。
BEFORE
20180216100
20180216107
サルトルのブーツ。
丈詰めは1.0cmがご希望、1.0cmだと許容できないんだろうかと
思いましたが、送られてきたブーツを見てみますと
なんとなくそのこだわりが分かる気がしました。
20180216106
伺った訳ではないのですが、現物を見てみますとだからなのかなと。
トップラインが膝頭に当たるのか、折れ皺が入っています。
履き口が当たるので必然的に周辺には皺寄せがでてしまい
シルエットが崩れてしまうので、履けないことはないけど
1.0cmカットかなと。

2018021610220180216105
カットと云ってもこのモデルは両側がそれぞれベルトに
繋がっていくシルエット。
ベロも別に付属していますので三箇所を加工する必要があります。
20180216103
通常のブーツのように切り口が円筒形であれば均等に詰めればいのですが
ベルトに繋がっていくので、その部分は自然に繋がっていくような
ラインでカットする必要があります。
201802161092018021611020180216112ラインを繋げてカットするという事は、ミシン目が途中で途切れる事になります。
この部分は、コバを処理する際に綺麗に整え縫製する時に
自然に繋がっていくように縫い目を繋げていくことで違和感なく仕上ります。
20180216113
詰めた部分を縫製するのですが、すでに靴底が付いていますので
ぶらんぶらんして非常に縫い難いですが、左手を目一杯伸ばし靴底を
回転させながら、フチから0.8mmのところを慎重に
且つ迅速に縫製していきます。

AFTER
20180216832018021681201802168220180216852018021686
カット断面は紙ヤスリで綺麗に整えて下処理を行い、
オリジナルと同様にサンドベージュ色に革の断面を染めています。

靴底にもお約束のハーフソールの取付け。
20180216882018021689

続いてこちらのブーツ。
こちらもこだわりのブーツからブーティーへと大胆にカット。
BEFORE
2018021662
2018021663
黄色のマスキングテープの上端ラインでカットします。
ご覧のように左右で1.0cm程度すでに丈の高さが狂っています。
ブーツの場合はしばしばあるのですが困りますねこういうのは。
始めから狂っているので同じ長さをカットすればやはり高さが
変わってしまいます。
ですので微調整しながら辻褄を併せてカッティングです。
2018021664
始めのラインは地面と平行に履き口がなっていますが
今回はご希望により前側に傾斜して斜めな切り口にしています。
AFTER
20180216602018021661
カット断面はスムースレザーでパイピング処理を行っています。
もともと本体が起毛素材で履き口にスムース素材を使用していたので
パイピングの艶感がフチに入るとアクセントになっていい感じです。

靴のサイズは選べますが、ブーツの場合は丈の高さや筒の太さなどは
選択できないので、ベストなものを見つけるのは大変なのかなと思う
ロングブーツを履かない店主の今日この頃…。
HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 11:30|Permalink