持ち手

2017年10月23日

だいたい折れるのはオロビアンコ 持ち手交換とフチの擦れ篇

持ち手が折れるというのは、オロビアンコ以外あまり
依頼されることはないのですが、それにはやはり理由があります。
BEFORE
100914810091501009149
持ち手中央部分で中の芯材が折れてしまっております。
その影響により、芯材が片側へと移動してしまい、
付け根部分では芯材が不足しフニャフニャ状態…。

オロビアンコの芯材がすべてこの素材と云う訳ではないのですが、
分解してみますとやはりこの樹脂系のパイプの芯材が入っておりました。
1018206
1018208
樹脂素材ですので、例えば鋭角に曲げられたりしますと
パキッといってしまうことがあるかと思います。
また経年劣化により、ポキッといくこともしばしばあるかと思います。
1018209
芯材の付け根部分は、本体に添うように断面は
斜めにカットされているのですが、断面が鋭角にカットされたままの
芯材の場合、徐々にその角が革に刺さって突き破るという事例もありました。

今回の芯材が、角が落としてありましたので
その点は改善されてきているようです。
1009151
1018207
持ち手交換の際の、縫製取付けですが、
直に鞄本体に縫製する方法の方が費用は抑えられます。

直というのは、付け根部分を縫製する際に、
外装と内装を一緒に縫ってしまうので内装部分にも
縫い目できるということです。
1018203
ただ直接縫い付ける場合でも、付け根部分の縫製する位置の内装部分に
ポケットやファスナーがある場合ですと、その部分が一緒に縫われてしまい
使用できなくなってしまいます。
その場合は、内装を一部分解し間で縫製する方法となります。

製品の場合、付け根部分の縫い目というのは、まず外装のみに縫い付けられ、
その後、内装が本体にセットされてからトップラインなどで縫製されます。

内装とは別に付け根部分を縫製するには、
内装の一部を分解するか、またはトップラインを分解し、
外装と内装の間にミシンを指し込んで縫製する方法になります。
ですので、分解縫製する手間が増えますので、
その分費用が割増しになります。

それでは、まずは持ち手を製作します。
芯材には、堅く編まれたロープを用います。

ちなみに、樹脂系の芯材を用いれば、芯材のみの交換も
可能な場合はありますが、結局は同様に劣化し折れてしまいますので、
当店では樹脂系の芯材を用いた補修は現在行っておりません。

持ち手の修理経験から、今回のようなカチカチの
丸芯の持ち手の場合には、ロープが最適かと思います。

樹脂系の芯材同様に堅い仕上げにもできますし、
劣化による割れの心配もなく、屈曲にも柔軟に対応できます。
1009118

なお、柔らかい感触のにしたい場合はフェルト芯など、
仕上げたい感触により芯材はそれぞれ異なります。
持ち手が堅いので、柔らかなフェルト芯へ変更(作り替え)
されたいという事案も稀にあります。

ロープを巻き込むので、今回はあまり関係ありませんが
革も縦横と伸び易い方向がありますので、なるべく繊維が伸び難い方向で、
型入れするようにしております。
10091171009120
1009122
付け根部分は革を二重にし補強します。
この部分が本体と持ち手の境目の部分ですので
加重が一番加わりますので補強は重要となります。
また、芯材が左右に移動しないようにポケットの役割にもなっています。
10091191009123
革が二重の部分は革の段差が表面にでないように
なだらかに漉き加工を施します。
コバ部分も綺麗に削り上げ、表面を堅く絞めます。
その後、染料を入れて持ち手を仕上げます。

そうしまして次に本体に縫い付けてゆきます。
先程お伝えしましたように、内装部分とは別に縫製しますので
今回はファスナーポケットの中の内装を一部分解しまして
ミシンを差し込み縫製してゆきます。
(分解したところは付け根縫製後に再度縫製致します)
10091271009128
ファスナーポケットのサイド部分を分解し、そこからミシンの腕を
差し込んで縫製する訳ですが、関係ない内装生地を一緒に巻き込んで
縫製してしまわぬように、手探りで寄せておきまして、
外装と持ち手を縫製してゆきます。
外装にも、ポケットが被さっていますので、その部分も持ち上げ縫ってゆきます。

黄色の部分はマスキングテープになります。
このテープで持ち手を固定している訳ではなく、付け根部分が
本体に垂直に固定されているのかを確認する為の目印になります。

かなり無茶な体制で縫製してゆきますので、接着にて仮固定していても
縫製している間に、徐々に付け根が傾いてしまう可能性もありますので
念の為、ズレてしまったら分かるように、
ガイドライン的な感じで貼ってあります。
1009129
こんな感じで、外装の裏面に貼ってある芯材の部分に縫製されています。
といっても、ミシンを差し込んで…というくだりは、
なかなか文章では伝わらないかと思います。

例えて云うならば、内視鏡手術みたいな感じです。
本来の手術部分とは離れた部分に切り込みを小さく入れて、
なるべく傷口は小さく的な雰囲気です。

ちなみに、もう片側面には内装面に縫い目ができております。
今回の鞄は、内装の側面底部分が、外装部分と一緒に縫製されていた関係で
片面部分の付け根付近には、内装の間からミシンが
届かない状態となっておりました。

幸い、その片面にはなにも収納機能などはありませんでしたので
直に縫い付けても問題はありませんでした。

ルイヴィトンのモノグラムなどでは、
内装部分に縫い目が出来ているかと思います。
これは外装の生地と内装の生地が貼り合わさっているので、
間で縫製することができないので、直に縫製されている為になります。
1009107

AFTER
オリジナルの革より、質の良いものを使用しておりますので、
付け根部分の膨らみ形状が綺麗に表現できました。
10091111009110
丸みもぱつぱつでいい感じです。
1009116
10091011009100

今回はここで終了ではなく、続いてフチの擦り切れ補修になります。
外縫いのパイピングは宿命的にこのように擦り切れてしまいます。
ただ最近思ったのですが、この仕様ですと交換や補修にて
元通りに修理が出来るので、そう考えますと悪くない仕様なのかもしれません。
BEOFRE
10182041018205
前回のCOACHのようにフチ部分を交換すれば新品と
同じ状態に戻る訳ですし、今回のように補強でも見た目の影響は無く
補修は可能です。

これが、内縫いの仕様ですと擦り切れた場合には、
デザインを変更し、角にレザーパーツを宛てがったりしませんと
補修が出来ない訳です。
ですので、この縁取り仕様も悪くはないのではないかと思うのであります。
1018201
底角の擦れもありますが、このようなブリーフ鞄ですと、
上部のフチも痛み易かったりします。
というのは、本体にはポケットなどが付いていますので、
その部分の素材もフチ巻きで一緒に覆っております。

ですので、何重にも素材が重なっている部分というのは
フチが堅くなり曲がりません。
それにより、堅くなっている部分が支点になり、曲がり易くなります。
そうしますと、支点部分は尖りますのでぶつかり易く、
擦れ易くなり、フチ巻きも痛み易くなっております。

ですので当初、底角部分と上部の折れ部分と云う感じで
離ればなれでフチ巻きを補修補強する予定でしたが、
画像/赤括弧底部分   画像/赤括弧屈曲部分
(*画像は補修後のものになります)
1009103
観察していくうちに、痛んでいる部分が意外に広く点在している状態が判明し、
離ればなれで補強を行うと綺麗じゃない…ということで
結局は、上部の黄色から黄色矢印までをまつめてフチ巻きすれば
繫ぎ目は目立たないだろうということで、
側面ぐるっとをまとめて補強することに。
1018202
フチ巻きをあたらに巻き付けてミシンでカタカタカタ…。
と云う感じで完成です。

繋いでいるのは先程の黄色矢印部分になります。
繫ぎ目は段差なく漉いていますので、
連結部分はあまり分からないかと思います。
AFTER
1009104
100910810091091009102

フチ補強することで、使い込まれてややへたり気味の鞄に
しゃきっと感がでまして、怪我の功名といった感じでしょうか。
HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 17:33|Permalink

2017年10月13日

バーバリーのブリーフ 持ち手革交換 ネジが回らないと篇

ネジが回らないと始まらない…。
この持ち手は、鞄に固定されている金具にネジを通す事で固定されています。
ですので、ネジが回らないと持ち手が外せないのです。
10091651009164
持ち手の革は、すでに劣化し擦り切れております。
使い込まれた年月が偲ばれますね…。
1009163
日頃使用している精密ドライバーでは、回せないほど
マイナスネジが固着してしまっております…。
こういう時は、556を塗布しまして再チャレンジ。

しかし回る気配がない…。
そもそも精密ドライバーは、フルパワーで回して
使う道具ではないので、持ち手が細く力が入りづらいのです。
下手に回して螺子山がなめてしまうと一番まずいので
556を再度塗布し、一晩放置しておく事に。

それでも今日の手応えのなさ加減、
力の込め易いグリップが大きな精密ドライバーの購入が
必要な感じなので、仕事帰りにホームセンターへ。
1009152
ある事はあったのですが(手前の)、精密ドライバーですので
それでも細めです(通常の精密な使用には全く問題ないのですが)。

本日一回目の挑戦では回らなかったのですが、
再度556を塗布し再々チャレンジにてようやく外れてくれました。
これ、はずれないと修理不可になってしまいますので。
1009153
1009166
1009155
1009157
そうしましたら、とりあえず巻いてある革を外してゆきます。
劣化しすぎて芯金に固着してしまっておりなかなか外れません。
熱風機で温め、接着剤を溶かし気味で漸くぺりぺりと。
10091591009160
芯金が錆びているように見えるのは、これは革が固着し
付いているのでそのように見えています。
これも温めて取り除き、表面を溶剤にて清掃します。
1009161
昔のものや、伝統的な作り方のこのタイプの持ち手は、
芯材も革で作られております。
革を数枚積層し、この形に削りだす方法です。

しかし、今はこのようにプレスにて綺麗に左右対称に
成形された軽量な芯金があります。
持ち手部分の革は、今回のように長年使用していれば
かならず交換時期がやって参ります。

その際に、革の芯材で製作している場合ですと、巻き付けた革が
綺麗に剥がれない、また恐らく形状も変形してしまっているかと思われます。
ですので、金属の芯金を用いた方が、修繕の観点からは良いのかもしれません。
1009162
ただ、金属の芯金に再度巻き付ける場合にも問題があります。
この芯金は革を巻いてから二つ折りにして縫製しているのですが、
再度巻き付ける際には、完全フラットな状態に開いてしまうと
折り曲げている中心部分の金属が、金属疲労で痛んでしまう可能性があります。

また、広げるにしても完全に均等な力で左右を開いていきませんと
ねじれが生じて再び二つ折りにした際にズレてしまいます。
ですので、今回もご覧の通り35度くらいで少しだけ開いて
作業を行っております。

それでは次に巻き付ける革の型紙づくりです。
かかと修理のように、古いのを剥がして新しいのを取付けて
削って仕上げるという訳にはいきません。

かならず型紙が必要になります。
それも、一品毎に形状や使用する革の厚みも異なりますので
毎回ごとに型紙、試作、本番という手順を踏む事になります。
ですので、型紙が必要になるような修繕というのは、
おのずと補修作業に時間が掛かりますので、費用もそれなりに掛かります。
10091301009131
革がきれいに剥がれてくれれば、それを元に型紙が採れるので
一度で型紙が仕上る場合もありますが、今回はすでに擦り切れておりましたし
剥がす際に熱風を当てていますので一部硬化したり、
引き伸びたりしていて宛てになりませんが、とりあえず試作して
被せてみます。

ちなみに、革も試作用の革になります。
この革も悪い革ではないのですが。
1009132
やはり誤差が生じております。
なお、オリジナルの仕様では間に挟む芯材にフェルト芯が
使用されておりましたが、あまり効果的でない芯材ですので
硬質の芯材に変更しています。

試作二回目。
これでいい感じの収まりになったかと思います。
鞄本体の金具にも収まるか確認しておきます。
いざセットしてみると嵌らない!なんて事だと最悪ですので。
1009134
10091351009133
では本番です。
革はこちらの革を使用します。
1009136
鞄本体の革は網目状の型押しレザーでしたが、
型押しの革の場合、通常のシボ革のような型押しあれば
近いものがある場合もありますが、
オリジナルの型押しになりますとご用意ができません。

ただ、鞄の雰囲気的にスムースレザーでも
相性は良さそうでしたので、革の選択はお任せということで
進めさせて頂きました。
10091371009138
ここで失敗…。
なにが失敗かお分かりでしょうか。
そうなのです、二つ分用意していますね。
いつもの癖で両手分です、この持ち手は一つでいいのですー。
1009140
すでに二回試作していますので、久しぶりのこのタイプでも
手慣れた模様です。

この形状はミシンでは縫えないので手縫いとなります。
オリジナルはミシンで縫製しています。

家庭用のミシンでも、例えばボタンホール用の抑えだったり、
ファスナー縫い用の抑えだったりと、いくつか標準で
搭載しているかと思います。

工業ミシンの抑えというのは、ものすごい種類があります。
「えーこれもミシンで縫えるんかぃ〜」みたいな抑えや。
また、オーダーで注文もできたりします。

しかし、私が修理で使用する抑えは、ベーシックな一種類のみとなっています。
量産品の場合は、大量に製作するので効率的に仕事を進める為に
抑えをその製品に合わせてその都度用意しています。

修理の場合は、ご依頼一品ごとにそれ用の抑えを用意はできませんので、
特別な抑えがなくても縫製できるように、型紙や手順を工夫して製作しています。
それでも縫製できない場合は、今回のように手縫いで行う事になります。
1009141
四本撚りの麻糸に蠟引きを行い必要な長さを用意します。
そして、ひと穴ずつ菱目で穴を貫通させながら、
麻糸を八の字(サドルステッチ)に通し、ひと目、ひと目と
均等な力で糸を引き締めてゆきます。
100914210091441009143
手縫いというのは時間が掛かりますが、嫌いじゃない作業です。
糸を均等に引き締める事だけ考え、黙々と、ただ黙々と…。

黙々と縫い終わりましたら、しばしの間、縫目を鑑賞して悦に入ります。
1009145
1009147
その後、余分な革をカットしてコバを削り整えましたら
ロウを刷り込んで完成となります。

AFTER
10091151009112
ときどき手縫いのほうが、ミシン縫製より優れている
というようなことを見聞き致します。
日々、手縫い製品やミシン製品を修理しておりますと
「まっ、そんな違いはないかな…」とも思います。

細かい事を云えば、縫い穴の中での糸の掛かり具合が違うのですが
実用範囲でいえば、どちらも糸が切れれば同じかなとも思います。
また、中途半端な手縫いですと、かえってまずい製品もあったり致します。

わたしが思うに手縫いですと、その縫い目の雰囲気が、
ミシン縫製より、「趣き」があるかなと思います。
これは私が縫った場合ですので、達人が縫えば、
ミシンでも手縫いでも、見た目の違いはなく、
仕上げられるのかとも思いますが。

これも人それぞれで異なるという、手縫いの良さなのかもしれませんが。
巧い下手と云う事ではなく、その糸の引き具合や、針の通し方、
穴の開け方で、縫い目の雰囲気が変わるという。

私の場合は、きもち、糸を引きめで、縫い目の部分に
微妙に革の「より」がでる感じが好みです。
その起伏に光があたることで、その縫い目に表情ができるので。
10091131009114
HPアイコンロゴアウトライン

ampersandand at 21:59|Permalink